webサービス起業で失敗しない11のコツ – グッドエンジェル

webサービス起業で失敗しない11のコツ

登録日:2019年01月31日  |   最終更新日:2019年02月02日

web起業で失敗しない方法【1】 完璧を求めるな

軌道に乗ってない状態で「作り込む」と
失敗したときのコストが大きくなります。
デザインも機能も必要最小限で始め、軌道に乗れば作り込む形がベストです。

webは流行りが3、4年くらいで変化していきます。
その流行りの期間にサービスを提供するには「作り込む」よりも「立ち上げる」が優先となってきます。

web起業で失敗しない方法【2】 考えすぎるな

考えすぎると不安にたどり着き何もしなくなります。
人間は不安に関してだけ過剰に感じる習性があります。
考えれば考えるほど実際の不安よりも過剰に不安を感じます。
どんなことでもメリットデメリットがありますので
考えても仕方ない状態を作るために、
見切り発車するなどして、強制的に考えなくてもいい環境を作るのも大事です。

web起業で失敗しない方法【3】 誰にも相談するな

サービスを考える上で他人の意見を気にしてはいけない。
ヒットするかどうかなんて誰にも分かりません。
人の意見を聞くときは相手を選ぶことが大事です。
周りの賛同が得られないと行動できないことでは、起業して稼ぐことは出来ない。

web起業で失敗しない方法【4】 既に存在してても諦めるな

すでに出てるアイディアをアレンジすることで
新しいものが出来る。
パッと見は革命的に見えても、地道な改善の連続に過ぎない。

web起業で失敗しない方法【5】 利益の出るサービスを作れ

個人的に「WEBサービスやってる」という人がいるが、無料でやってる人がほとんど。 そして、趣味とビジネスを混同している事が多い。 ハッキリ言って何の役にも立たないし勉強にもならない。 ビジネスはお金を生み出さないなら資源の無駄遣いと理解しよう。 もちろん、すぐにバンバン利益が出ることは稀だが、月数千円程度であれば簡単。 有料サービスを運営することで、真剣に考えるようになり、そこから色々な知恵が生まれ、色々な気付きがある。 その知恵や気付きがとても大切なので 月数千円でもいいから売上を上げられるサービスを生み出す事に尽力しよう。

web起業で失敗しない方法【6】 わかりやすく伝えろ利益になる

プログラミングをこれから学びたい人からすれば、何を検索していいかも分からなければ、どうやって学んでいけばいいかも分からない。
難しいことを、わかりやすく伝えることが相手のためになりお互いの利益になります。

web起業で失敗しない方法【7】 仕事はやめろ

本当に辞めろということではないが、「辞めるくらいの覚悟で動け」ということ。 よくあるのが、友人達と起業しようとすると決まって「仕事が忙しくなった」と理由をつけてなぁなぁになってしまうというもの。 「仕事が忙しい」を理由にするなら、「そんな仕事辞めてしまえ」と言いたくなる。 仕事を優先するなら「起業したい」「何かやりたい」なんて言わない方がいい。 本気でやりたいと思っているならどんなものより優先してやること。

web起業で失敗しない方法【8】 無慈悲で殺し合いの世界

大袈裟かもしれないが、起業家は必ずと言っていいほどここを意識している。 ビジネスというのは戦争に参加をするということ。 「勝つか」「負けるか」しかないということを意識しなければいけない。 起業をすれば、守ってくれる人などいない。 誰かがあなたを狙ってくるし、自分も誰かを狙わなければいけない。 (言葉は悪いが、もちろんそれで誰かの利益になり社会貢献につながっているわけだから、悪いことではない) 会社の中にいると気づかないことだが、自分たちは「死なない戦争」の中に日々身を置いている。

web起業で失敗しない方法【9】 人の話は聞くな

起業家は人生の荒波に打ち勝つ力がなくてはいけない。 世の中の9割が「嘘」と「偽」であり、そのほとんどが自分たちを「いいカモ」にしようと企てている。 会社員であれば、そんな世の中を目の当たりにする必要もなく、会社という籠の中でぬくぬくと暮らす事ができるが、起業するとなるとそうはいかない。 嘘が蔓延している世の中で、「どれが本物か」を見極める目をつける必要がある。 そのためには人の話を素直に聞いているようでは起業家失格。 経営者も含め、大抵は「嘘」と「虚言」や「建前」というものでオブラートに包まれているもの。 そして、「答え」というのは結局は誰にも分からないということを理解し、 「自分なりの答えを持つ」ということが大事になる。 そのためには、人の話を素直に聞いているようでは誰かのカモになって終わるだけだ。 もちろん、この話も疑ってかかるぐらいがベスト。 答えは自分で出そう。 ただし、その答えは頭の中だけで考えても出るものではない。 実のある答えを出せるのは「実際の行動」でしかない。

web起業で失敗しない方法【10】 孤独に耐えろ

起業家は孤独との戦い。特にWEBサービスなどでの起業は、利益が出ない時期は周りから見ればニートと変わりはない。 だから白い目で見られる事もあるし、「このままでいいんだろうか?」「やっぱり普通に働いたほうが。。」という 自分との戦いになる。そして、その孤独に負けてしまう人も多い。 孤独に慣れていないとこの環境に耐え忍ぶ事は難しいかもしれない。

web起業で失敗しない方法【11】 無駄なことをするな

起業をしていく上で「無駄なこと」というのはどういうものか分かるだろうか? 答えは「利益にならないもの」 利益にならないものは全て無駄でしかない。(もちろん、将来的に利益になる上で今やっているのは別) 例えばWEBサービスで起業をしようと考え、その企画書を誰に見せるわけでもないのに綺麗なデザインやイラストを使ってガッツリ作ってしまっていたり。 目的を履き違える人は確実に成功しない。 常に「その行動って利益になるの?」ということを考えよう。

コメント本文必須

名前

Twitter

E-mail

審査最短30分で即日入金


最大300万円を即日振込