投資家募集を終了しました

中小企業企業向け健康経営支援サービス

掲載日 2015年07月18日  医療・福祉 

起業したい内容

【起業内容】
健康経営支援のためのツール。
日々の食事内容を管理し、生活習慣病、がんの予防に役立てるアプリの開発。
食事をスマホで撮り、送信、人工知能を用いて、解析。従来のようなカロリー
だけでなく、塩分、糖分コレステロール値などを表示し、基準値を超えたら警告画面にかわる。栄養状態を把握し偏った食事を直すことで、食事面での病気予防のツールとする。
またウエアラブル端末とつなぎ、その日の運動量などの消費カロリーの管理、手軽に行える運動の紹介を行う。
検診で、異常のない人、未病のひとを対象とする。
保険料上昇阻止、働き盛りの社員の病気離脱をおそれる法人を対象に売り込み、社員、その家族に使用してもらう。医療費削減を目指す。
また、病気になるリスクの高い国民健康保険加入者(とりわけ非正規労働者)も対象。
そして病気予防のための日々のアドバイス、管理を行う。
数値目標を達成したら、ペットなどのプレゼントをし、その散歩等を通じてさらに運動量を増やし健康増進に努める。
尚使用して、健診な内容の悪化、メタボ該当した場合は給料をへらすなどのプレッシャーをかけ
実行してもらう。


予想収益


市場規模
協会けんぽ加入者 3488万人
健保組合加入者  2950万人
共済組合加入者  919万人
各月一人100円
企業からの広告収入
2期目売上3億円、3期目7億円を目指す。


200~300万円融資希望
5年以内に返済致します。


起業資金

300万円

起業家

1395 さん
性別 男性
住所 神奈川県
年齢 46歳