飲食から過疎化したふるさとの活性化

掲載日 2016年09月20日  飲食店 

起業したい内容

【起業内容】
現在経営する店舗の経営を安定させ、2018、2019年にそれぞれ店舗を出店した後、2022年までに地元に店を構える。最終的には地元の有名飲食店農家さんと町で道の駅を作り、他方から集客して活性化する。また、農地が余っている地域なので、地元の農家さんや自分達で作った農作物(現在取り組み中)を自分のレストランで活用し、地産地消レストランとして独自のシステムを確立して雇用も増やしていきたい。

予想収益


現在 約5000万
2018年 約8500万(2店舗)
2019年 約1億3500万(3店舗)
2022年 約1億7000万(4店舗)


起業資金

500万円

起業家

20140407 さん
性別 男性
住所 千葉県
年齢 29歳
株式会社A-K-T
役職 経営者
会社設立 2014年
従業員 10人以上
資本金 500万円未満
年間売上 3000万円以上
事業内容
誰もが気軽にゆったりと入れるイタリアンレストランを現在1店舗経営。 自慢の石窯焼きPizzaをメインに、店舗を増やしていきゆくゆくは過疎化した地元の町に出店し、他方から人を呼んで町を活性化していくことが目標。

Github