美容の新業態にサポートしていただけませんか?

掲載日 11月07日  健康・美容 

起業したい内容

【起業内容】


現在、都内にて美容室を3店舗経営しております。

他の美容室と価格競争しない業態を考えていた際に、若い女性客が美容室に行く前と後にプリクラに行く行動や、サロン帰りに自撮りした写真をインスタグラムにアップする光景にヒントを得て、

セルフ撮影機を設置し、「ステキな自分を写真に残すヘアサロン」というコンセプトを立てて今月からサービスインします。

このセルフ撮影機は、今年の秋に発売された「ビューティーフォトグラファー」というマシンで、ワールドビジネスサテライトでも紹介され、弊社が東京初導入美容室となります。

https://www.youtube.com/watch?v=79K0xxMYsX0

まず既存のお客様へのアナウンスをして、新規顧客獲得のための認知度アップに努めるところなのですが、

弊社は負債を抱えた先代から経営を引き継ぎ、不安定な経営状態なので余力に乏しく、経営にスピード感がありません。

そこで、ビジネス経験がある投資家様と組ませていただき、このテスト業態をブラッシュアップし認知度のあるサロンブランドに育てたいと考えております。


美容室を経営してみて気づいたのは、(私は美容師ではないのですが訳あって美容室経営をすることになりました。経緯については面談でご説明させて下さい)

お客様の滞在時間の長い美容室は、美容師との会話も多く個人情報の宝庫であること。

ですから、お客様が時間を持て余すカラーやパーマの放置時間にスタッフの力量に頼らない商品告知ができれば、シャンプー・トリートメント以外の販売もできます。

それをiPadなどのタブレットPCをセット鏡の前に設置し、クラウド配信の仕組みを整えストック型の商品販売で経営を下支えしたいと考えています。


その他、自分の毛母細胞から幹細胞を採取し培養した発毛専門店などビジネスチャンスのお話しをいただくものの指をくわえているような状態です。

美容業界には美容師さんが気付いていないチャンスと社会貢献ビジネスがまだまだあると思います。

ぜひ、出資・融資・経営参画含めご検討ください。


予想収益



既に美容室として経営しているため、1000万円と記載しておりますが、資金をすべて使わせていただくというよりは、資金が必要な場面で相談させてもらいながら適時使わせていただくイメージで考えております。

しっかりと相談をさせていただきながら成長のスピードアップを図れる業態を作り、投資家様に関わって良かったと思えるビジネスにしていきたいと思っております。


起業資金

1,000万円

起業家

2000barquelate
性別 男性
住所 東京都
年齢 46歳
▲ このページのトップへ