起業家プロフィール
1146
性別: 男性
住所: 滋賀県
年齢: 54歳
観光バスのリース業
起業資金 1,000万円
【起業内容】
日本を訪れる外国人観光客数はウナギ登りで、3年後の東京オリンピックに向けて、益々増加の一途を辿ると見られています。それに伴い、全国の観光バスの数が既に圧倒的に不足しています。ここに目をつけたのがこの事業です。

年式、席数、装備、程度などにもよりますが、中古の大型観光バスは150万円前後で入手できます。これをバス会社に月々15万円で貸し出します。同業他社の相場は25万円程度ですので、競争力は十分です。1年または2年のリース契約になります。バスの需要が供給を上回っている全国のバス会社がターゲットです。

観光バスリース業には、中古バスの買取販売、修理、塗装などの仕事も伴います。これらの関連事業にも参入し、ビジネスチャンスを最大限に活用していきます。

【予想収益】
リース業の方は、150万円で買った中古の観光バスが、年間180万円のリース料を生み出します。このうち30万円ほどの車検費用のみが貸主負担で、純利益は年間150万円ほどになります。自動車税、任意保険料、修理代、タイヤ・オイルなどの消耗品代などは、すべて借主負担です。

関連事業の方で一例を挙げますと、バスの全塗装は一台あたり60〜100万円程度が相場ですが、このうち塗料代はわずか10万円ほどで、残りは全て技術料という名目の利益になります。あるバス会社と年間リース契約を結ぶと、その会社専用のボディ・ペインティングを施して納車しますので、リースと塗装は完全にリンクしており、大きなビジネスチャンスになります。

【投資家の皆様へ】
私の強みは、ターゲットになるバス会社を今から探すのではなく、独自のルートで、既に把握しているところです。また、日本のどの地方で観光バスの需要が供給を上回っているか、どの地方でリース業を展開しても儲からないかなど、確かな情報を掴んでいますので、投資していただければ、すぐにでも動けます。

この事業に少しでも興味を持っていただいた方は、お気軽にご連絡ください。メッセージのやり取りを通して前向きに検討していただけることになれば、全国どこへでも飛んでいきます。なお、投資希望金額1000万円としておりますが、300万円から可能です。よろしくお願い致します。
掲載日 04月22日