起業家プロフィール
simo4511
性別: 男性
住所: 宮城県
年齢: 70歳
モービルジャパン株式会社
役職:経営者
会社設立:2014年
従業員:5人以上
資本金:3000万円以上
年間売上:3000万円以上
事業内容
小型電気自動車の製造販売、除雪機の製造販売
電動自転車バイクの誕生 自転車がバイクになる。
起業資金 1,000万円
【起業内容】
当社は電気ミニカーやトライクを製造販売している会社です。これまでの技術の積み合わせや経験より、この度、自転車バイクを開発販売することにしました。

自転車バイクの誕生
 日本でのバイクは自転車にガソリンエンジンを取り付けたところから始まりました。今、環境に優しい電動モーターが小型化、低価格化が計られ、さらにアルミニュームが鉄フレームに代わりつつあります。このような最新の部品を組み合わせて最軽量(16kg~21kg)の車体を持った電動自転車(アシスト自転車ではありません)が誕生します。原付自転車としてナンバーを付けて、公道を、ヘルメットを被り、原付免許または普通自動車免許で運転できるバイクです。
 自転車のように足で漕いでもよく、また足とモーターを併用してもよく、疲れたらモーターだけで走行できるバイクです。
 音もなく公道を滑るように走る壮快感は何とも言えない感覚をもたらしてくれるでしょう。
私どもは、最軽量、最低価格、使いやすく、経済的な自転車バイクを提供します。
折りたたんで持ち運びのできる「まめ吉」と日常の通勤や買い物に利用できる「小次郎」を開発販売します。この新しいジャンルのバイクは利用方法が多岐にわたると思います。旅行のお供に、通勤通学に、宅配の業務用としても使われると思います。
このような製品を普及させるためにも価格はアシスト自転車と原付バイクの間に設定することにしました。
 比べてください。価格は、一般のアシスト自転車は7~15万円 原付バイクは11~24万円
バイクの車体重量は70~100kg アシスト自転車でも24~26kgもあります。つまりアシスト自転車よりも軽い電動自転車となります。
価格 (税込)は
まめ吉(14インチ折りたたみ)48V10Aリチウム電池 で 138,240円(税込)  
小次郎(24インチ 7弾変速ギア付き) 48V10A   で 148,500(税込)
電動+足での走行距離は60~70kmを目指しています。

是非、新しい自転車バイクの開発販売にご協力下さい。


【予想収益】
自転車バイク部門の売り上げ計画
初年度  300台   売上予想   3300万円
2年目  800台   売上予想   8800万円  
3年目 1200台   売上予想  13200万円
4年目 2400台   売上予想  26400万円




掲載日 07月04日