起業家プロフィール
D5493386
性別: 男性
住所: 神奈川県
年齢: 22歳
最終学歴: 専門学校卒業
全国展開への足がかり、美容室開業
起業資金 1,000万円
現在の美容室には
抱えている大きな二つの問題
があります。


【集客と求人 】
この二つを解決できるようなアイディアを考えてみました。

僕自身は美容師四年目、22歳
横浜市の美容室でお店の売り上げの4分の1の売り上げを上げています。(月に150万〜200万)
僕の紹介はここまでにします。長くなるので、お付き合いください。


美容室での時間を楽しめる時間に。

1〜2時間の美容室、退屈な時しばしばあるとおもいます。美容室にくると暇を持て余す、退屈だという声が多いものです。

変えます。

近年増えていますが雑誌をおかず、

全席にタブレット端末を置き
アマゾンプライムやネットフリックスなどで映画やドラマを見放題、雑誌、コミックなどを
読めるアプリを充実させコンセントや充電器も完備。
楽しみながら滞在可能な環境を提供。

ご来店ごとに簡単なアンケートをとり聞きたい事があるかなどを確認。
(こちらは任意ですが、仕上がりの希望や今までのカラーやパーマの履歴などを簡単にまとめられるような質問を簡単に書き出していただく。)

美容師との会話が苦手な人も安心なシステム。


長く通っていただくために。

従来の料金形態、フロービジネス

例、カットをして対価をいただく。
と。一般的なものと共に

ストックビジネス要素
定額制で通い放題の料金形態も
行います。
カット、カラー、シャンプー、ブロー
ヘッドスパ、トリートメント、
ヘアセット、など
定額で毎日通い放題。
料金は3種類
6000 10000 15000
カットorカラー
シャンプー、ブロー
トリートメント ヘッドスパ
10000円
カット カラー
トリートメント シャンプー
ブロー ヘッドスパ
15000円
カット カラー シャンプー ブロー
高級トリートメント
ヘッドスパ ロングコース

など何段階か用意し任意で契約システムにします。

これにより地域の生活の一部になれるようなサロンにしていこうという考えです。


しかしカットやカラーを2000円弱でできる時代にあまり安くしないので安さでの集客が減ります。
なので
立地条件を大都市や住宅街の駅前、1For2Fのお店の場所がわかりやすいようにしたいです。

お仕事帰り、お出かけ前などに気軽に立ち寄って簡単に髪をセットしてから出かけたり、シャンプーやマッサージを出掛けに楽しめたら良いのではと考えています。

この考えをベースに
スタッフの給与面や雇用条件、労働環境の向上をさせ
乱立する美容室のなかで、人手不足が問題になる美容室を脱していこうと考えています具体的には
スタイリストは30〜35万プラス 歩合 (指名のお客様や自分で売り上げを上げ分は還元)アシスタント 20〜30万 技術などにより



こちらからは引用になりますが
美容室の経営にはこんな考え方があります。 売上10%アップするだけで、利益が200%アップする事がある。

こんな事ってあったりするのでしょうか?

100万円の売上が、110万円になっただけで、利益が倍になる。
 
でも、実際のところ…
こういう事が、当たり前に起きる業界なんですよね。

ある程度結果の出ているサロンなら、あと少しの努力で利益が倍にもなるし、それ以上に利益が伸びる事だってあります。

これは美容業界の変動費がそこまで高くないというのもその要因です。

美容室の粗利益率って、大体、95〜85%くらいでしょうか?
この辺りをもとに、100万円の売上が110万円になったとして、利益が倍になるという事を確認してみましょう。

◼︎100万円売上の状態
【変動費】10%
材料費 10万円
【固定費】81万円
家賃 10万円
給与 45万円
その他 光熱費など26万円
【利益】
9万円

だいぶざっくりですがこんな感じです。

◼︎110万円売上の状態
【変動費】10%
材料費 11万円
【固定費】81万円
家賃 10万円
給与 45万円
その他 26万円
【利益】
18万円

こんな感じですよね。
固定費はその名の通り固定。

給与の歩合や水道光熱費があったとしても、微々たるものだと思います。

こう考えると、10%アップの努力で結果は大きく変わってきます。
大事なのは「損益分岐点」を知る事。

ここを知るだけで、モチベーションは大きく変わって行きます。

このサロンの損益分岐点は81万円+材料費ですよね。

材料費はそこまで大きくないから91万円以上からは、すべて利益です。

一か月で見るなら、いつの時点で損益分岐点を超えるかって大事ですよね。
こう考えてみると楽しいんですよね。

◼︎美容室で10%アップするために簡単な考え方
客単価を3%アップ
顧客数を3%アップ
年間来店回数を3%アップ
これで、おおよそ9%アップするんですよね。

あとは店販でカバーすれば、売上を伸ばすのも難しくないですよね。


給与は固定給化し、ボーナスをだす。

美容師の給与は歩合制をとっているところが多いです。

しかしこの歩合制という一般的なシステムこそが美容室に多い無理なメニューアップやクーポンで来たときと帰りの時に料金が全然違うなどのお客様の悩みをつくりだし、スタッフ間の協力がうまくいかないことやアシスタントに負担が集まる状況をつくっていると僕は考えています。

(お客様から聞いたの不満ポイント、スタッフ間で上がる不満ポイント、この点が非常に多いように感じています。


そこを大きく変えていきます。

定額制のメニューを作ることにより、
月間の固定費、変動費などの比率が変わり固定給化するのも夢ではないと考えます。

固定給、ボーナス
美容室にはないものばかりです。
固定給ところはあるが薄給(16〜23万が相場)
これでは美容師をやめる人間ばかりです。
経験のあるベテランや能力の高い若手すらも潰している現状です。

そんな人を少しずつへらし、新たな美容室のスタンダードとして
この企画を考えました。

実現できれば大きく業界を変えることができるはずです。

このシステムであれば全国展開も可能です。
足がかりとしての第1店舗目の開店にご協力ください。


店舗は神奈川県横浜市近辺で考えています。
開業資金、内装費などで
1000〜2000万ほどの資金のが出資を依頼したいです。

僕自身、経営や起業に関して未熟ですが
どうぞよろしくお願いします。
文章も見づらい点などあるかもしれませんが
ご質問等あればいただけると幸いです。

直接お会いできる方や、話を聞いていただける方のご連絡もお待ちしています!!
掲載日 12月12日