起業家プロフィール
korosuke1105
性別: 男性
住所: 東京都
年齢: 30歳
High&Lows合同会社
役職:経営者
会社設立:2011年
従業員:5人未満
資本金:500万円未満
年間売上:500万円未満
事業内容
WEBサイトの運営等
「WEB求人サイト」のスタートアップ資金の募集
起業資金 500万円
【事業内容】
WEB求人サービスの展開


【ミッション】
多種多様な人財との出会いの場をふやす


【事業に至るまでの経緯】
人事経験があり、求人会社の営業担当者との出会いの機会が多くありました。
その中で、足元を見た高い料金設定に驚愕、驚嘆したのを覚えてます。
WEBエンジニアの中途採用の募集例を挙げれば...
事業資金が少ない会社にとって4週間で40~150万円の出費は大きいと感じてました。

飲食店のアルバイト採用ではオープニングスタッフやお洒落なダイニング系以外は、採用が難しく、採用単価が上がります。
もっと割安に、長期に渡り採用、採用計画が行える求人サービスが欲しいと当時から思ってたのが始まりです。


【根幹となる、他社との差別化部分】
ここでの掲載は控えさせていただきます。


【自社サービスの強み】
・圧倒的なコストパフォーマンス
・超超低価格な料金体系
・求職者にとって知りたい情報である、細かな企業情報の掲載


【競争相手】
競争相手は多い。既にレッドオーシャン市場ではあるが、求人広告市場は約1兆円
0.015~0.04%の流入をねらうビジネスモデルな為
新しい料金体系と価格設定で十分勝負と流入を狙えると感じてます。
サービスを開始後、後発組の参入や敵対があると思われるので
①事業提携
➁更なる価格競争(囚人のジレンマになるのでやりたくないが)
➂良い案があればアドバイスください。
を模索中です


【顧客】
クライアントは企業
創業時~大企業まで幅広く顧客はいる
しかし全国版等は対応しきれない為、
まずは東京を中心とした首都圏のみで開始予定


【今後の求人市場とポジショニング】
日本国内を前提条件に言えば、人口の減少していく中では、確実にこの業界は衰退していくと考えてます。
また、働き方として、独立(起業)やフリーランス等の働き方も昔に比べると容易に行える環境である為それも、後押しされるだろうと思われます。
しかし何時の時代でも企業は存在し、人財難と求職者が存在するので、業界は存在し続けるでしょう。


今後求人サービスで生き残る為には
①価格を上げるか
➁価格を下げるて顧客を流入させるか
➂違う事業や場所で勝負するか
④コスト削減
の4つしかないと考えます。

サービス力を上げるとの選択もあるがこれは労働力が増加するので価格を下げる部類に入れてます。

私は事業開始の身分。
多くのクライアントを確保していなければ、サービス力もないので➁を選択しこの部分で勝負します。

2極化と叫ばれて久しいですが、この求人業界は
まだ2極化が堅調に表れていない業界だと感じてます。(飲食店で言う280円居酒屋や2時間1000円飲み放題みたいなものがない)
なので私の考えたビジネスモデルは新しくインパクトがそれなりにあると信じてます。

その後には一人勝ちの時代が来ると私は考えていて、事業が軌道に乗れば早い段階で0.015~0.04%の流入以上の恩恵があると信じてます。


詳細な料金設定や課金方式、施策など
・事業計画書・P/Lの試算表・人員計画書(仮)の3点があります。資料としてご覧いただければ幸いです。
また企業向けのサービス内容の請求資料もPDFで参考程度に仮制作し、ございます。


【補足】
経営が上手くいった後には、美容室とネイルサロンを中心とした情報サイトも立ち上げる予定です。
ホットペッパービューティーの1強を倒す超低価格設定の情報サービスを展開します。

投資の内訳・起業の際の必要物
【WEB制作費用】
・1500000円

【サーバー代、保守管理費等】
・370000円(12ヶ月分)

【オフィス関係(電話・FAX含)】
・160000円(バーチャルオフィス使用×12ヶ月分)

【SEO関係】
・266500円

<クライアントとなる企業獲得の施策と費用>
・1213000円

<求職者獲得の為の施策とその費用>
・400000円


【サイト制作費・運営費用補填金】
・100000円

以上の合計....
約400万円の資金が必要です。

必要な内訳に関して、エクセルで詳しく
まとめてあります。

会社の組織変更代と増資代は抜いてます。

予想収益
3期分のP/L試算表あります
試算表はミニマムで想定しています。

例)
7ヶ月目の予想収支は
企業社数200~220社
掲載数250以上
売上高約110万円
営業利益27万円
社員数1人


目標の営業利益率は25%です。


投資家への還元方法
資本金100万円の会社保有してます。
(合同会社)

<融資の場合>

事業開始から7ヶ月目に営業利益から5~10%づつ還元します。
出資法や貸金等の法律上の問題があるので、顧問料として、お支払いします。他の良い案があれば教えてください。

還元金額の上限を投資金額の5倍として
2000万円

2.5年~3年目には2000万円まで還元できるかと思います。

その後5%程度を株式譲渡か交換にて投資家様が保有



<投資の場合>

資本金100万円の合同会社があるので
その会社へ400万円の出資をして頂ければ、投資家様の持ち株比率が80%になると思います
20(私):80(投資家様)

事業開始から3~4年目を目途に...
①将来的に投資家様の持ち株比率が10~12%前後まで下がるまで買戻しが可能である(350万円相当)

➁増資して投資家様の持ち株比率を10~12%前後まで希薄化可能である

①か➁の条件が可能であれば
めちゃくちゃ嬉しいです。細かい数字に関してはお話になると思いますのであくまでも一つのご提案です。


一年目予想配当性向(50%)
1,069,942円
で持ち株比率が8割だと約855000円

二年目予想配当性向(50%)
8,423,104円
で持ち株比率が8割だと約6730000円

三年目予想配当性向(50%)
37,886,943円
で持ち株比率が8割だと約30000000円


あくまでも予想ですが事業開始3年目決算終了後で
85万円+670万円+3000万円
で3750万円ぐらいが投資家様に還元できると思います。

投資家様には一年目がそれほどではない分、
大きなリターンには時間がかかりますが
400万円の投資で9~10倍程度まで還元できます。
予想収支はあくまでもミニマムです。


其の後は...
将来的な目標は...
・事業売却・IPO・ICOのどれかだと考えてます。

最高のゴールとして、IPOで言うならば、昨年上場した株式会社ツナグ・ソリューションズの株価、時価総額が現実的だと思います。
時価総額70~80億円前後
10%保有で7~8億円前後となります。

あくまでも一つの形ですので、お話の上で取り決められたらと思います。



私が急に死んだ場合のリスクとしてスタートアップから事業に関わる人物が一人います。
近しい人では兄も間接的に関わります。

合計この3名にて
私が技術(営業・技術・経営)
兄が財務(管理)
友人が営業(営業)
をメインにスタートアップに関わります。
掲載日 05月08日