起業家プロフィール
0733
性別: 男性
住所: 秋田県
年齢: 69歳
【温暖化防止発電機】 特許出願費用
起業資金 5,000万円
【起業内容】化石燃料火力発電所に変わる21世紀の発電【温暖化防止発電機】の特許出願
 PTC、EP、EA、AP、OA、加盟国へ出願特許出願費用。
 30分の1スケール発電機作成費用。
 出力性能データ取得試験委託費用。
☆他の再生発電と比較【温暖化防止発電機=24時間365日発電】
 風力発電=風が吹かないと発電量がゼロ
 太陽光発電=夜間発電量ゼロ

【予想収益】国内10電力会社 石炭火力発電量3422万KW
               (CO2国内排出量の70%以上)
 【温暖化防止発電機】1基1万KWの発電機3422基設置で石炭火力発電をゼロに!
  想定価格 1基5億円
  特許使用料3% 金額1500万円
  特許料総額  1500万円×3422=513億3千万円
         国内販売先見込みは10電力会社

 海外石炭火力発電量上位国  日本=1(世界4位)
中国3422×4.2=14,372基、アメリカ3422×3.2=10,950基
カナダ3422×1.6=5,475基、日本3,422基
インド3422×0.96=3,285基、ロシア3422×0.78=2,669基
ドイツ3422×0.46=1,574基、韓国3422×0.4=1,368基
イギリス3422×0.28=958基、イタリア3422×0.23=787基
 海外上位国最小必要数 41,438基でCO2排出をゼロ



掲載日 05月13日