アーティスト活動支援のライブストリーミングアプリ・ファンドの立上

掲載日 11月01日  IT・通信 

起業内容

閲覧頂きありがとうございます。
私は現在、28歳で会社員として働いている春田と申します。
学生時代から起業を目指し、会社を創る身として社会人としての経験も必要であると考え今は会社員として働いておりますが、
大学卒業から5年が経ち、2019年の会社設立に向けて活動を開始しました。
私たちのチームとしては現在は2人体制で、私が経理・経営企画担当、もう1人のメンバーが営業・営業戦略、事業の構想・考案は2人で、体制としてはIT関連に強いメンバーも今後参加予定です。
以下、構想の簡略です。宜しくお願い致します。

~ミュージックライブストリーミングアプリ・ファンド「HOPE」の立上~

【概要】
プラットフォームの機能・目的としては2点あります。

①アーティスト(バンドやシンガーソングライターなど)が活動資金を調達するツール

当プラットフォームはポイント制度を設けポイントによりアーティストは活動資金を調達する

①-1.アーティスト上場制度

一定の審査基準を満たした又は満たしているアーティストが株式市場と同じ様に株券(別途名称考案中)を発行しファンから資金を調達する
イメージとしては個人が上場するVALUのアーティストに的を絞ったイメージです。
VALUでは仮想通貨を用いたほぼリアルマネー取引を行っていますが、
当プラットフォームでは1ポイント=10円のポイントによりアーティストの価値を評価する
ポイントの還元に関しては一定の割合で差し引きそれを当プラットフォームの売上とし、100%の換金で無いという点で資金決済法には触れないと考える
株式市場と同じ様に公開市場と流通市場を作り、株券の受給による売買でポイントを変動させる
アーティスト本人による売買の禁止など投資家保護の規定は要検討事項
ファン・視聴者はポイントの配当や限定グッズの配布など配当や優待を受けることができる

①-2.ライブストリーミング配信・動画配信

スタジオライブや実際のコンサート・ライブを生中継する機能を持つ
これを見ている視聴者が、ポイントを投げ銭することでアーティストはポイントを稼ぐ
SHOWROOMや17liveが同様に近いプロダクトとなる。
上記2点では若い女性やアイドルがメインキャストとなっているが、
当プラットフォームではバンドやシンガーソングライターなど男女問わず音楽をメインとする点で差別化を図る
また、実際にライブに来た様に物販コンテンツも用意し、視聴者はライブ中にCDやグッズを購入できる(ポイントで購入)

②アーティストが飛躍できるステージを作る

プラットフォームのコンテンツとしては、上記2点に付随して物販スペースとしてアーティスト側が出品するECモールの役割を持つ機能であるが、当プラットフォームの目的は音楽を本気でやりたい人・努力できて才能あるアーティストを支援することが目的であります。

当プラットフォームはメディアであり、アーティストにとって夢となる舞台を目指します。

HOPEでランキング1位になった、HOPE主催のイベントで出演権を得て有名バンドと競演、HOPEがきっかけで他のメディアにも取り上げられ、いつしか音楽が仕事に。。。
私個人の持論ではありますが、不景気の時代のせいか音楽で成功してやろうと。
そういう夢を持つ人が少なくなっているように感じます。
年齢を問わず、いつまで音楽は夢を見る物であり、
夢を見させる物で有って欲しいと強く感じております。

この構想の背景は私自身の体験を基に行っております。
詳細については投資家様との雑談の機会でもあれば話をさせて頂きたく思いますが、
10年以上どっぷりこの世界にハマり、華やかに見える音楽活動の世界では楽しいことばかりではありません。
10年いると沢山の才能ある仲間が辞めて行くのを見てきましたし、私も今ではその1人です。
アーティストの解散の理由によく「方向性の違い」という言葉が出来てきますが、
これの根源には皆共通して「お金」が絡んでいることに気づきました。
こう言った内容に関しても別途お話させて頂ければと考えております。

音楽を本気でやりたい人への資金面でのサポート、
音楽での夢を実現させるプラットフォームです。

【収益モデル】
アプリ内ではポイントのみが流通する。
参加者はポイントを買ってアーティストへポイントを付与。
当プラットフォームではポイントを増やす。という機能も備えている。
前提条件としてポイントの現金への還金時は80%の還元率。
よって25%を手数料として売上に計上する。

また、ポイントを増やす投資機能として売買の際に手数料を発生させる。
手数料は一律300円(25P)と仮定する。

以上のような条件から、利用者数10,000人時の収益モデルを以下の様に考える。

① 10,000人が月平均して200Pを購入
=10,000人×200P=2,000,000P=20,000,000円/月(1P=10円)
② アーティスト投資のマーケットで月5,000回売買が成立した場合
=5,000×30P=150,000P=1,500,000円
① と②の合計20,150,000円のポイント売上が見込める
しかし、この内25%を手数料とする為、20,150,000円×25%=5,375,000円/月
5,375,000円×12ヶ月=64,500,000円を年間売り上げと仮定する

【企画構想の方策】
デバイスに関してはiOSとAndroidアプリへの対応を検討。
外注依頼しシステム開発会社と開発を進める。
当プラットフォームを作り上げたい。そう考えた時に、ようやくプログラミングの勉強を始めました。
しかし、0の状態から内製で作り上げるには数年かかるのでは無いかと考え、
1日でも早く沢山のアーティストの為になりたい。と今回は外注のシステム会社にて依頼させて頂こうと考えております。
拡販に関してはSNSとこれまでの経験からのコネクションを活かしていきたいと考えております。

気持ちが高ぶり乱文の中、最後までお読み頂きありがとうございます。
28歳の起業経験も無い人間に、いきなり投資を。。と言われても、なかなかこの文章を読んだだけでは出資に踏み切る投資家の方はいらっしゃらないかと思います。
投資家と起業家の関係はビジネスパートナーであり、家族の様な関係になると考えております。
まずは、私という人間がどういう人間かを知っていただいて、
最終的に投資して頂けるかの判断をして頂ければと思います。

以上、ご検討宜しくお願い申し上げます。


起業資金

5,000万円
起業家プロフィール
tkysly
性別: 男性
住所: 福井県
年齢: 28歳
最終学歴: 大学卒業
経歴: 2014年 経済学部経済学科卒業 2014年 製造業(大企業) 経理・経営企画部入社
職業: 会社員
▲ このページのトップへ