外国人観光客に特化した携帯用着物型ペットボトルカバーの販売

掲載日 03月12日  販売・ショップ 

起業内容

【起業内容】
GGPC(芸者ガールペットボトルカバー)プロジェクト                             今や日本に来る外国人観光客インバウンド)の数は増加の一途をたどり年間4000万人に迫る勢いです。更に2020年の東京オリンピックに向けて国を挙げて力を入れています。
 この千載一遇のチャンスに『外国人観光客に特化した土産物』を考えている人は果たして何人いるでしょうか。
 あなたが海外旅行をしたとしましょう。例えば韓国に行ったら、何を土産に買いたいでしょうか?いかにも韓国らしいもの、キムチ?韓国のり?チマチョゴリの人形?色々ありますが、賞味期限のあるもの、かさばるもの、重いもの、高価なものはそうそう多くは買えないし不便です。
 GGPCは日本を訪れる外国人観光客にとって、手軽に買えて、かさばらず、いかにも「日本のお土産」らしく、しかも本国に持ち帰っても実用的で、思わず他人に見せびらかしたくなる。もちろん賞味期限などありません!しかも目的別に知り合いにプレゼントしたくなる…そんなものを作ってみました。それがGGPCです。 日本人は「着物」と呼びますが、外国人から見れば「ゲイシャガール」のほうがわかりやすいのでこの名前にしました。ペットボトルを着物型カバーの下から入れ、上に出たキャップにシリコンの顔を付けると、見た目は全く『日本人形』そのものです。もちろん普通に観賞用として置いておくことも出来ますが、ペットボトルカバーとして保温保冷機能があり、フックも釣り紐も付いてるので、何にでもぶら下げて持ち歩けば注目を集める事でしょう。〔既に特許出願は済ませています。〕更に風水の観点から、着物の色を〔マネー運〕なら黄色、〔恋愛成就〕ならピンク、〔健康祈願〕なら緑、等8種類の『幸せのカテゴリー』から選ぶことが出来ます。これを、実際に着物を着た女の子が持ち、土産物店の前に立っているのです。………。想像してみてください。あなたが韓国へ観光旅行へ行きました…しかしどの有名な観光地へ行っても、我々のイメージしているチマチョゴリを着ている人はまずいません!皆が着ているのは日本人と同じ、普段着です。中国でも同じ、チャイナドレスはまず見かけません。
 しかし、もし見かけたら思わず立ち止まりませんか?中には一緒に写真を撮りたくなる人もいませんか?そしてその姿のミニチュアがお土産として売っていて。そう高価でもなく手軽でかさばらず、実用的なうえ、幸せのカテゴリーの色選びまで楽しめるのであれば…!
 外国人が日本の着物に対するイメージは、チマチョゴリやチャイナドレスよりもはるかに有名なものがあります。が、有名なゆえに「日本人形はとても高価なもの」という先入観があるのもまた事実です。国を挙げてインバウンドの増加に力を入れている今だからこそ、まだ目にも見えないプロジェクトに協力して頂けませんか?
 私は広島市内在住ですが、日本三景の宮島の土産物店4店舗で販売の予約も頂いております。
日本にはまだ、ハワイのマカデミアナッツや韓国のキムチや海苔といった、定番のお土産がありません。

 このプロジェクトの最終目標は、来日外国人にGGPCを「日本のお土産の定番」にすることです。

予想収益


必要資金と使い道につきましては以下の通りです。

1.必要予定資金


会社の説立及び準備期間の運営費  600万円
ペットボトルカバー本体制作代   400万円
 
シリコンの頭金型代及び製品代   200万円
移動式実演販売車         300万円
諸費用              200万円
予備費              300万円
 
合計金額             2000万円                     


起業資金

3,000万円
起業家プロフィール
0917sakai
性別: 男性
住所: 広島県
年齢: 59歳
最終学歴: 大学卒業
出身校: 日本大学
資格: 韓国語会話1級 普通自動車1種免許 小型船舶3級 ヘルパー2級
経歴: 塾講師 商社(15年) 貿易会社(7年) 飲食業経営(2年)
職業: 自営業




▲ このページのトップへ