投資家募集を終了しました

世界にはあるけど日本にはない文化をアクセサリーを通して広めたい。現在、【商標申請中】【ブライダル産業新聞掲載済み】

掲載日 04月15日  新ビジネス・商品 

起業したい内容

【起業内容】
主に裸足に着けるアクセサリーを作成し販売しています。
昨年、海外のリゾート地で見つけたアクセサリーを日本人の足に合うように作り変え作成しています。
素材やモノの事態の説明は、メッセージを頂いた上でお話できればと思っています。

2019年1月後半から本格的活動を行う。
2月ブライダル産業新聞から取材を受ける。
2月某「K〇〇東京」からライセンスの話頂くが断る。
2月南船場のウェディングドレスショップにて委託販売開始
2月労働支援の会社にて作新の一部制作の指導開始
3月minaの掲載依頼
3月京都の貸衣装会社から委託経営を願いされるが現在検討中
4月:ネイルの学校や美容商材を下ろしている企業とコラボで
ハンド用のアクセサリーを作成し、プレ委託販売開始
4月:外国の方、女の子をナンパしてアクセサリーの装着、撮影を13人実行中
4月:ブライダル業界4位ぐらいのR社の紹介話を頂く(日程未定)
4月:有料老人ホームにてイベント決定(6月)
4月:紹介を受け色々な方とお会い中。




目標は
結婚の写真を撮る時は、必ず着けるという風潮にしていくこと
女子高生の足に装着していきルーズソックスのような新しい文化を作り出すこと。

閉鎖的な空間でしか生活できない人へもアクセサリー事業を通して笑顔を届けること。
・労働支援会社に勤務中の人→作品委託として利益の1割(現在実行中)
介護施設→作品作りで生きる喜び自己承認(有料介護施設にて進行中)
病院→完全無料で作品を作る楽しさを届ける。(未定)


展開は
・協会を立ち上げ、認定講師を育て、定着を図る。
・ドレス、ティアラ
両方とも〇〇をコンセプトに事業を立ち上げる。
・リゾート地(沖縄・ハワイ)にて店舗オープン
カフェ営業、パーティー営業、ブライダルアクセサリーの販売、
及び、
カメラマン、ヘアメイク事業者と提携し運営。




「私なんて・・・」と思っている女性や男性を一人でも
なくしたい。
自分の素晴らしいところに目を向けて笑顔で生きていけるきっかけになりたい。
そして、そのようなキラキラ輝く両親から生まれてくる
将来のまだ見ぬ子供達が
自分の未来に対し
笑顔で色々な人生を選択をしていける
世界を。未来を創りたいと思い起業を始めました。

そのために、今、私一人でできることだけでは限界があります。
だから、共感して頂いた方の中、応援して頂ける方と、お話していきたいです。


起業資金

300万円

女性起業家

winsome
性別 女性
住所 大阪府
年齢 28歳
最終学歴 大学卒業
出身校 龍谷
資格 秘書検定2級・普通運転免許
経歴 某不動産広告会社にて営業職3年半後コーチングで独立セミナー業コンサル業、有料交流会開催、サロンオープン直前で事件が起き休止。色々な経て現在のブライダルアクセサリーの作家活動に至る
職業 ブライダルアクセサリー
▲ このページのトップへ