設立1年で売上20億円超えている飲食系IT企業

掲載日 06月06日  飲食店 

起業したい内容



【起業内容】

・日本の仮想通貨ブロックチェーンの第一人者である河崎純真が代表を務めています。
・参加者メンバーはすべて飲食経営や金融機関で有名な経営者、プロフェッショナル10人が役割分担しています。
飲食店が、食材の仕入れを安価に行えるプラットフォームCELe(シーレ)を開発しました。
・CELe(シーレ)プラットフォームは飲食店向け会員制共同購買システムです。
・プラットフォームに加入した飲食店は安価で原材料を仕入れることが可能です。(平均15%安価)
2019年4月現在でCELeの共同購入加盟店舗は236店舗ですが2019年内に500店舗になります。
・CELeは昨年2018年6月1日に創業設立し、1期目の売上は20億円。利益は1000万円。
 今期2期目は既に40億円の売上を確定しています。
・サントリーやカクヤスなどの大企業と契約し拡大中。

・現在はCELeプラットフォームを無料で提供していますが、店舗数がある一定数を超えた時点で有料課金となり

 売上の約10%に当たる利益を予測しています。
・目標は3年以内に3万店舗を目指し、2022年は300億円を計画しています。


・シンガポール法人で登記済み、現在の時価総額は20億円である。
・2019年5月現在で河崎純真が100%株を保有している。
・会社全体の15%に当たる株を売却予定している。3億円分
・3億円の資金使途はマーケティングとシステム開発、海外展開費用。
・2020年に海外の取引所で上場が決定されている。
・2020年の上場時に50億円を調達し、日本で物流会社をM&Aする。
・日本のベンチャーキャピタルからはユニコーン企業候補と言われているが日本VCはスピード感が無いため、

 日本のベンチャーキャピタルからの投資は受けない方針。
・海外投資家を中心に個別面談を行い、すでに10名候補となっているが、メンバーから「日本人投資家にも情報公開すべき」との意見が出た為、今回当サイトにエントリーしました。

最低5000万円からの投資を希望しています。

以下ホームページ:http://cele.co.jp/

以下ホワイトペーパー(英語版)

http://sekai-go.jp/pdf/CELE_Pitchdecken_V3.01.pdf


ご質問はお気軽にご連絡ください。



予想収益

1期目:2018年6月~2019年5月 売上20億円 利益0.1億円

2期目:2019年6月~2020年5月 売上40億円 利益1億円

3期目:2020年6月~2021年5月 売上120億円 利益5億円

4期目:2021年6月~2022年5月 売上300億円 利益20億円


起業資金

5,000万円

起業家

fwih5174
性別 男性
住所 東京都
年齢 45歳
株式会社世界
役職 経営者
会社設立 2012年
従業員 10人以上
資本金 3000万円以上
年間売上 1億円以上
事業内容
①海外投資家を対象にインターネットを使った日本不動産販売事業(年間30億円販売の実績)②暗号通貨コンサルティング事業(ICO,STO,IEO)などのコンサルティング


▲ このページのトップへ