バーチャルYoutuberスタジオの開設と運営、およびVtuberを活用したキャラクタービジネスを本気で始めたい

掲載日 2019年09月16日  新ビジネス・商品 

起業したい内容

はじめまして。
貴重なお時間を割いていただきありがとうございます。

VR業界で働いている会社員です。
年齢は33歳です。

バーチャルYoutuberVtuber)の撮影スタジオを作り、キャラクタービジネスへと展開させていきたく、事業計画書を作成いたしました。
会社設立前の段階ですが、事業プランに興味を持ち、投資を検討して頂けるエンジェル投資家の方を探しております。

【どうしてVtuberなのか?】
私はアニメやニコ動の文化がすごく好きです。Vtuberはそれらと同様に今後この国の文化として今以上に普及すると感じています。日本だけでなく中国台湾インドネシアなどのアジア圏でも広まっていくと思います。
ブームとしてVtuberという言葉がネットを騒がせるようになったのは2017年の末頃からですが、既に2年経ち着実に認知度が広がり、市場が形成されつつある今がビジネスチャンスだと思っています。

最初は本業を続けたままVtuberをプロデュースしようかなと思い個人で手に入る機材をもろもろ揃えてはいたのですが、クオリティの高い映像コンテンツを安定して作ってゆくのは片手間では厳しいなと思い、会社を辞めてフルコミットする形で事業計画書を作成しました。(そちらの方が成功確率も上がってくるので)
Vtuber運営はそこそこ投資がかさむというのもあり、私自身の資金力だと限界なので、投資家の方にぜひ参加していただければと考えております。

私自身の詳細な経歴については事業計画書に記載済みです。
どうぞ宜しくお願いいたします。


【起業内容】

Vtuberスタジオの開設と運営。及びキャラクター版権を積極的に利用したビジネス展開を進めたい。またキャラクターコンテンツを誰もが気軽に利用することができるコラボマッチングプラットフォームを構築して、国内だけでなくアジア圏も含めたキャラクタービジネス市場を大きく飛躍させたい。

1年目の取り組み:(事業基盤の構築)
Vtuberスタジオの開設、スタジオ貸出事業の運営を通してVtuber企画~運営までのノウハウを蓄積
自らもVtuberをプロデュースしてYoutuberチャンネル登録者数10万人以上を目指す
法人向けにVtuber運営ノウハウを提供して単月黒字を目指す。

2年目以降の取り組み:(事業をスケールさせてビジョンを達成するための活動)
Vtuberを活用したキャラクタービジネスを展開
キャラクターを活用したい法人・個人とコンテンツホルダーをマッチングするアプリの開発(コラボを促進するプラットフォーム)

1年目で単月黒字になるように手堅い事業プランを組みました。2年目以降は事業をスケールさせ追加で数億単位の資金調達(アーリーステージ)を目指します。スタートアップとして出資を受ける以上はIPO又はM&Aで投資家の期待には120%で応えたいと思っています。

詳細な事業計画書は別途、googleスライドとスプレッドシートにて作成済みです。お問い合わせ頂ければリンク送ります。


【事業として成り立つ、成功すると思われる根拠】

Vtuberが人気になってから2年が経ちました。これからさらにVtuber業界は盛り上がっていくと予測しています。しかし一方でVtuberを運営するには必要な機材が高かったり、それを運用するための知識も必要だったりと個人・法人問わず参入するためのハードルは依然、高い状態のままです。これらVtuberの運営に必要なノウハウはまだ一部の先行している企業が独占している状態にあると感じています。そこでVtuberスタジオの開設&貸出事業を通してノウハウを共有し、この業界の発展に貢献出来たらと考えました。個人・法人問わずVtuber運営ノウハウについての需要は高いと踏んでいます。オープンなVtuberスタジオはまだどこの企業も手を付けていない段階なので、ビジネスとして十分成立するのではないでしょうか。


【投資内訳】

スプレッドシートに記載済みです。
1年以内に黒字化して自走可能になるまでのコストはざっくり下記のとおりです。

・家賃320万(11か月分+初期費用)
・3Dモデル制作費90万
・スタジオ開設費150万
(ミニマムなコストでスタジオを作ります。スタジオは先行してグリー系列の会社が作成しているので、これに近いスタジオを想定。システムはおおむね同じ形で規模を縮小したものをイメージしてください)
参考URL:
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4356385
https://www.wantedly.com/companies/wrightflyer/post_articles/184950
機材関係は全般検討しましたがモーションキャプチャのクオリティとコストを比較するとだいたい上記と似たような選択になるのかなと思います。

・1年分の人件費650万円(私の生活費も含みます、Vtuber中の人(魂)のお給与、動画制作スタッフのアルバイト&外注込み)
水道光熱費、通信費等(残りのP/L販管費)160万


予想収益

スプレッドシートに記載済み。
悲観、標準、ポジティブの3パターンでそれぞれ損益・キャッシュを出しました。9か月目くらいから単月黒字になると予測しています。


【投資家への還元方法】

株式会社を設立し株式を割当てます。
1000万円なら10%、2人の投資家から500万円ずつ出資を受ける場合はそれぞれ5%で考えています。それ以上は次のラウンドで影響が出るため割り当ては難しいと思っています。あくまで私が知っているスタートアップの標準的な水準の話なので、別途相談はもちろん歓迎です。融資ではなく出資を希望です。



お読みいただき本当にありがとうございました。
少しでも興味が沸いた方はお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。


起業資金

1,000万円

起業家

hayashi01 さん
性別 男性
住所 東京都
年齢 33歳
最終学歴 高等学校卒業
出身校 近畿大学経営学部中退
資格 簿記1級、 公認会計士短答式、 公認会計士論文式租税法科目
職業 ベンチャー会社勤務



【バー】関連度の高い起業案件
【準都心駅】バニーガールと遊べる アミューズメント型ガールズバー54 View( hiro1116さん)
元中洲のバー店長が熊本にダーツバーを開業!!57 View( sg15j1998さん)
小資金!ガールズバー開業資金をお願いします156 View( sofiaさん)
”入りやすさ”に拘ったガールズバー新規オープン 三軒茶屋をはじめとした216 View( hiro1116さん)
【Vtuber】関連度の高い起業案件