みんなの秘密基地のような 溜まり場空間が作りたい!

掲載日 2019年11月21日  飲食店 

起業したい内容

Cafe&Bar×アパレルで特別な空間を提供したい。


美味しいコーヒー

サブカルチャーを落とし込み、こだわった洋服作り。


2017年の10月に相方と2人で表参道の

小さな店舗でcafe&bar”Rural Dogs”を開業。

看板メニューはボリューミーなホットドッグでした。

同時に、アパレルブランド”SUBCULTURE”立ち上げ、店舗そしてオンラインでの販売を開始。

さらに、週末にはイベント事業も開始。


音楽イベントや、アパレルブランドの合同展示会、アートギャラリーなど、様々なジャンルのイベントを開催。

多いときは120名のキャパに約200名のお客様に来ていただきました。


“RURAL DOGS”は看板メニューのホットドッグとかかっているだけでなく、Dogsはスラングで”仲間”という意味があります。

Ruralは”田舎の”という意味です。

私達2人が宮崎出身ということもあり、”田舎の仲間達”という2人を指す意味合いでもあります。


“SUBCULTURE”とは社会の正統的、伝統的な文化に対し、ある特定の集団だけがもつ独特の文化。という意味があります。


会社に入って働くこと、上司の言うことを聞くこと、

与えられた仕事をこなすこと、これが現代では普通とされているのではないでしょうか。


確かにそのことが大事だとはすごく思います。

ですがそれでは”work to live”です。

“生きるために働く”では嫌なんです。


“live to work”がいいんです。

“働くために生きる”つまり働くことが生きること、自分達がやりたいことを仕事に生きること。

そうするには会社に入っていては、僕たちのやりたいことはできません。自分から自発的に動き出さないと。


そんな世の中で、ファッションを通じて現代の社会に対し、私達が信じている自分達独自のカルチャーを発信していくという意味で名付けました。


そこで掲げている言葉があります。

Hold your fire. Keep it burning bright.

“自分の炎(魂)持ち、燃やし続けろ!”

人生を熱く生きよう。熱いことをしよう!

そう言って色んなことに熱量持ってチャレンジしてきました。


1つの箱を大人の秘密基地、溜まり場にしたくてずっとチャレンジしてきましたが、いつも資金的な面で壁にぶつかってきました。


サードプレイスが主流となってる今、新しい価値のある秘密基地をサードプレイスとして、最高の空間を皆様と共有できたらと考えております。


私達に何かしらのチャンスをいただけないでしょうか?


*飲食店の方は資金難のため閉業しました。

アパレル事業は続けておりますが、現在資金の面で新しい商品が作れず止まっております。



なんでもやる気です。

是非チャンスをください。


起業資金

1,000万円

起業家

guy0412さん
性別 男性
住所 宮崎県
年齢 22歳
最終学歴 大学卒業
出身校 Wollongong University
資格 Certificate3 in Advanced English. Diploma of Business Certificate4 in programming. Certificate4 in Information, Digital Media and Technology.
職業 FXトレーダー