ファンコミュニティのプラットフォームサイトの販売

掲載日 2020年03月05日  IT・通信 

起業したい内容

■コミュニティコマースプラットフォーム事業計画書


・システムはすでにあります。

融資も不要です。

・スケールさせるためにエンジェル投資をしていただきたいです。

・営業の提携でも大変うれしいです。


■事業内容

既存客1万人以上いるB2C企業に対して、

ネットでファンコミュ二ティを形成して活発化させ、

口コミ販売を促す仕組みを提供する。


■日本のECの市場規模

 成長率8.96% 市場規模約17.9兆円

 https://www.ebisumart.com/blog/ec-rate/


 2025年には27.8兆円(NRI)

 https://netshop.impress.co.jp/node/7058


■競合分析 システム編

ファンコミュニティの分野は最新マーケティング

マーケティングの権威、コトラー教授がは、

最終講義で伝えたマーケティング4.0を実装している

システムは存在していないのが現状です。

https://crowdworks.jp/times/marketing/2268


・ポジショニングマップ

 横軸:購入、非購入

 縦軸:ファン交流、ファン非交流


ECコンサルカンパニー 購入・ファン交流型

https://www.eccc.co.jp/wom-commerce/

購入者のコミュニティ。ユーザー同士のコミュニティ内評

価や、紹介商品のポイント還元。アンバサーダーコマース

ができる。


クオン 非購入・ファン交流型

https://www.q-o-n.com/

大手メーカーの利用者に対する動向調査が中心のコミュニテ

ィ開発・および運営


ファンコマース 購入・ファン非交流

https://www.hivelocity.co.jp/service/fancommerce/

コンサートやライブを行うアーティスト向けのコマースサイト

ファンクラブ運営、チケット販売、グッズ販売、イベント販売のPOS


・非購入・ファン非交流型

一般ブログ、SNS

購入者とメーカーとの直接接点なし


■競合分析 マーケティング編


ネットマーケティングの支援ツールとして、

CRM(カスタマーリレーション)ツールや

MA(マーケティングオートメーション)ツールが

あったが、問題は、究極は個別対応という運営の煩雑化にある。

10万人の既存客がいてもステップを踏むと最後は数人程度にオ

ファーしていく流れは運営面としてやりきれる企業が非常に少

ない。


ファンコミュニティは、そもそも企業側からのオファーではな

く、顧客からの活性化なので運営面がCRMやMAよりは、煩雑にな

りにくい。


ファンベースの著者、佐藤尚之氏は、既存客の満足度だけでは

なく、新規顧客の誘導も有効だと説いています。

https://asa-shibu.tokyo/2018/02/13/naoyuki-sato/

https://boxil.jp/beyond/a6078/


今、なぜファンベースが必要なのか

1. ファンは売上の大半を支え、伸ばしてくれる

2. 時代的・社会的にファンの重要度が増していく

 人口減少・高齢化・独身社会

 超成熟市場、情報過多と二極化

3.ファンが新規顧客を増やしてくれる

4.効きにくくなったキャンペーンの効果をアップさせる


■売上げ予測


エンタープライズ版で最低500万

カスタマイズで1000万円以上の単価になります。

デザインからカスタマイズしていくと、納品まで半年はかかると思っています。


・初年度 月2本販売で1000万円/月

 年商 1.2億

 コスト 70% 8400万円

 広告  認知広告 20% 2400万円

 利益  10% 1200万円


・2年目 月4本 2000万円/月

 年商 2.4億円

 広告  認知広告 20% 4800万円

 コスト 70% 1.68億円

 利益  10% 2400万円



※着手、中間、完了の3分割の支払い方式なので受注ベース売上げ計算。

 実売上げは半分程度。

 新規開拓市場なので、最初の2年間はゆっくりとした営業の進捗。

 3年目から



・3年目 月4本 2000万円/月

 年商 2.4億円

 コスト 70% 1.68億円

 利益  30% 7200万円


     +


 クラウド版リリース

 月額2万円 + 売上げ5%

 月30社導入×12ヶ月=360社

 年商 4000万円

 コスト 認知広告費300万円/月 年間3600万円 獲得単価10万円

 運営コスト 1200万円

 利益 -800万円

 


・4年目 月4本 2000万円/月

    年間2.4億円

 コスト 70% 1.68億円

 利益  30% 7200万円


     +


 クラウド版

 月額2万円 + 売上げ5%

 既存360社-60社=300社

 月100社導入×12ヶ月=1200社

 年商 2.5億円

 コスト 認知広告費1.2億円/年 獲得単価10万円

     コンバージョン広告 年間3600万円

 運営コスト 30% 6000万円 

 利益 2400万円

 

・5年目 月4本 2000万円/月

     年間2.4億円

 コスト 70% 1.68億円

 利益  30% 7200万円


     +


 クラウド版

 月額2万円 + 売上げ5%

 既存1560社-300社=1260社

 月100社導入×12ヶ月=1200社

 年商 5.5億円

 コスト 認知広告費6000円/年 獲得単価5万円

     コンバージョン広告 年間3600万円

 運営コスト 30% 1.65億万円 

 利益 2.89億円



■新規開拓市場に対して

 新マーティングの実践システムなので認知させるのがいちばん大変。

 市場開拓費用に最初コストが大きいが、第一人者になると利益も

 大きい。

 ただしマーケットは18兆円あるので、ターゲットも見えやすく、

 攻めやすい。


 市場を作る。

  新聞、雑誌、SNS広告

   企業と消費者の認知


 認知度を高める。

   → 導入企業に認知度を広めるため、認知度を増やすコンサルに入る。

     一般消費者の認知度を高める。


 ターゲット導入後の成長性

   企業と一般消費者が認知し合いwinwinの関係になれば、

   価格争いに巻き込まれない独自の商流が完成できる。


■投資の内訳・起業の際の必要物

営業チームの確立費用

営業代行の費用

開発スタッフの増員費用


営業先やこのサービスの営業代行会社がいればご紹介頂きたいです。







起業資金

500万円

起業家

江藤正親さん
性別 男性
住所 東京都
年齢 48歳
株式会社ECコンサルカンパニー
役職 経営者
会社設立 2000年
従業員 5人以上
資本金 1000万円以上
年間売上 5000万円以上
事業内容
EC(ネット通販、ネット販売、オンラインショップ、イーコマース)の支援事業 コンサルティング、構築、運営代行 広告、受注代行、商品開発、ページ制作、システム開発、売れるオンライン講座など




【プラットフォーム】関連度の高い起業案件
不動産や株のデジタル化するプラットフォームで、世界中に金融革命を起こす125 View( 小林一弘さん)
レンタルスペースプラットフォームと(部屋呑み)レンタルスペースのFC展180 View( B & Sさん)
アート投資プラットフォームで分散投資(スタートアップ) 355 View( 池谷和洋さん)
『そんな人の選び方?』日本の『就活』を変えます。人材、求人のプラットフ246 View( 伊藤大世さん)
町家で発達障がい、学習障がいなどのプラットフォームの開業238 View( mittopapaさん)