コロナの影響が小さい警備事業の起業を計画しています。多くの離職者の雇用も可能になり、高収益と社会貢献を両立します。

掲載日 2020年03月21日  その他 

起業したい内容

【起業内容】

交通誘導警備と施設警備を行い、コロナの影響が少ない警備事業を早く事業展開することにより、高収益だけでなく、雇用創出の社会貢献もできると思い、起業を決心いたしました。

人がいれば確実に売上・収益があがる昨今では希少な業界で、採用力のあるメンバーが揃ったためできるだけ早い支店展開を目指し、全国レベルの展開も視野に入れております。

警備は平時は採用が大変厳しい業界ですが、私は特に採用が得意な人事経験があり、昨年人事コンサルとして警備会社の採用で業界相場の15倍の実績を出しております。
私は過去に上場企業の役員経験があり、2000名の組織の運営も経験があります。

警備の経験が豊富な者も一緒に起業します。資格要件が多い業界ですが、その者はほとんどの資格を有しているためスムーズな事業展開が可能です。

【資金の内訳】
起業から3年間の会計法損益とキャッシュフロー損益を作成しております。
キャッシュフローから見ると1年目の必要資金が3000万円となります。
自己資金が1000万円ですので、投資希望金額は2000万円となります。

警備事業で警備員人件費の次に大きなウェイトを占める経費が警備員の制服と装備品です。1人あたり約10万円発生します。
より多くの採用をするための仕掛けと早期の支店展開を目指しての必要資金となっております。



予想収益

損益試算で1年目は次年度以降の展開のための投資となるため、年度損益がほぼゼロとなります。
2年目は5,200万円、3年目は1億3,200万円の経常利益の見込みです。


起業資金

2,000万円

起業家

中村 彰さん
性別 男性
住所 福岡県
年齢 51歳
最終学歴 大学卒業
出身校 明治大学
経歴 上場企業の役員~零細企業まで幅広く経営に携わる業務を経験。 特に人事組織を得意とし、外食産業は警備業界で実績有り。


【警備】関連度の高い起業案件
女性警備員チームを主軸とした警備会社設立【北海道】213 View( itapurioさん)
警備業+αでの事業投資のお願い876 View( nakatetuさん)
必須免許取得済み。警備業のイノベーションを興します。1045 View( nakatetuさん)
警備会社のイノベーションを興します。投資お願い致します。1913 View( nakatetuさん)