【フィリピン料理】次の大ヒット|開業

掲載日 2020年07月05日  飲食店 

起業したい内容

朝食


フィリピン料理を、日本で現在人気の韓国料理・中華料理インド料理並みに、日本でメジャーにすることが動機です。フィリピンパブバースナックではなく、料理店を開業したいと思っています。ほとんどの日本人がまだ食べたことのない料理をクオリティ高く、手ごろな価格で提供したいと思っています。数年後、日本のあちこちにフィリピンレストランを見かけることができるようになり、たくさんの日本人がフィリピン料理の味に慣れてきていることが夢です。


現在はコロナの影響でレストランを開業するのは厳しいことです。そこで、レストランよりリスクが低くてポテンシャルが高い料理提供の方法を通じて開業したいです。それがテイクアウトとデリバリーです。


最近はテレワーク実施の広がりでテイクアウトやデリバリーの利用が増加しています。これからテレワークを実施する会社も多くなるため、今の期間で開業したほうがいいと思っています。そうするとベースとなるメニューや市場のデータが集まり、マーケティングがやりやすくなります。


開業予定は9月、予定地は目黒区です。コンセプトはすでに完成しています。フィリピン人の調理人はいます。



現実的には、新しい料理を提供することのリスクが高いと分かっています。ただし、これに成功すれば、拡大の可能性は無限です。詳しくは聞いてください。


提案を読んでくれてありがとうございました。適切な言葉の不足を許してください。ご理解のほどよろしくお願いします。

興味のある方はご連絡を待っています。また、経営のノウハウがある投資家であれば幸いです。


下記のデータを参考にしてください:

創業計画書・事業計画書あり

フィリピン人の調理人(資格持ち)はいます

自己資金:175万円

希望投資資金:425万円

合計の開業資金:600万円


写真はとあるフィリピンレストランからです。フィリピン料理はご覧の通りです。



予想収益

予想は月200万円超えます

週7日・朝9時~10時営業・注文単価1100円


起業資金

500万円

起業家

けんさん
性別 男性
住所 埼玉県
年齢 22歳
最終学歴 大学卒業
出身校 法政大学経営学部(GBP)
職業 大学3年生



【フィリピン】関連度の高い起業案件
中古トラックをフィリピンへ輸出220 View( Earl Silverioさん)
フィリピンやマレーシアなどの東南アジアでの不動産開発566 View( nakayamaさん)