ビール醸造所、ビアパブを開設したい

掲載日 2020年08月05日  飲食店 

起業したい内容

【起業内容】

「ブルーパブを開設したい」


長年の夢であったビール醸造所を開設したいと思い、活動を開始しています。
ビールを自らの手で作り、ビアパブとして直に提供すし、さらに通販で全国へ展開するというのが理想です。
ブルーパブとは、醸造所とパブが一体となった店舗のことです。


これまではIT系の会社で働いてきましたが、
最近のコロナで将来を考え直す時間が増え、夢を追いかけていきたいと思うようになりました。

現在、クラフトビール醸造メーカへの研修を数件予定しており、ビール造りの準備を進めております。


酒造免許取得の必要があるので、半年~1年程度の準備期間を見込んでいます。

2021年からコロナがある程度収まっていればビアパブとの同時開業、

もしまだ猛威であれば通販での全国拡大路線で行く予定です。


醸造予定地としては屋久島(物件次第では種子島)を予定しています。

ビール造りの基本である水の美味しさがあり、屋久島というネーミングブランドもあるため通販などでもマーケティングしやすいと考えています。


ぜひ開業に向けて投資家様のお力添えをお願いしたいです。


予想収益

初年度は年間醸造量10,000Lの予定です。

1L=2,100円(330ml瓶で700円)のため、年間売上2,100万となります。

次年度以降、醸造量を20,000Lまで増やす想定です。



【投資額の使用予定】

物件取得費:400万

内装工事費:300万

醸造システム1式:400万

その他詳細は事業計画書を準備中です。


【投資様への還元内容】

投資額×1.15(15%リターン)を考えていますが、

飲食を経営されている方でいしたら飲食店との優先契約、コラボなどご希望に合わせて相談させてください。


起業資金

1,000万円

起業家

石黒さん
性別 男性
住所 埼玉県
年齢 34歳


【パブ】関連度の高い起業案件
新規にクラフトビールの醸造免許を取得しブルーパブを始める。148 View( 石井信久さん)