投資家募集を終了しました

AIと量子コンピューターを利用した次世代型自動売買作成&取引プラットフォーム

掲載日 2020年08月10日  技術 

起業したい内容

<事業計画・事業内容>

【背景】

アマゾンが「Amazon Braket」(クラウド経由で量子コンピューターを使用できる新サービス)を開始したりなど、2020年以降から本格的に量子コンピューターを利用できる状態になってくる。

一方で、去年は2000万円問題が騒がれたが、日本には約43兆円がタンス預金として眠っており、年配の方の豊富な資金を未だにうまく活用できていない。一方、世界では年々、オンライントレーダーが増加している。2017年から2018年の1年間だけで、アジアでは320万人から460万人と43.75%の増加、世界でも44.86%と増加している。この両方の問題を解決する為に、5GとAIと量子コンピューターの技術を使う。


【成功する理由】

量子コンピューターの技術がクラウド経由で使える。

世界のオンライントレーダーが今後も増加する。

第3世代のAIの技術が成熟しつつある。

5Gが開始される。

AIに力を入れる国の大学や企業と開発協力が可能。



<参考ページ>

東芝の“量子インスパイア”な高速金融取引マシン、展示会で人だかり 最良取引をマイクロ秒で検知

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/30/news049.html


アマゾン、量子コンピューターの新サービス「Amazon Braket」発表

https://mynavi-agent.jp/it/geekroid/2020/01/post-165.html


量子コンピューター、グーグルがスパコン超え

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO53543680Z11C19A2M11000/



<投資の内訳・起業の際の必要物>

第一段階の開発:おおよそ1億円程度


第二段階の開発:おおよそ3億円~5程度


第三段階の開発:おおよそ5億円~10程度



<予想収益>

第一段階の開発終了後、5年後の売上 約52億円

第一段階の開発終了後、10年後の売上 約220億円


投資家への還元方法>

要相談


起業資金

2,000万円

起業家

Haruさん
性別 男性
住所 神奈川県
年齢 39歳
最終学歴 大学院卒業