ペットショップにかわる新しい常識を作りたい。

掲載日 2020年09月10日  販売ショップ 

起業したい内容

【起業内容】

自己紹介

犬のブリーダーwichtig(ウィッチティグ)代表の山本と申します。
現在、9頭のわんちゃんと忙しくも楽しく生活しております。


目標は「保護犬の殺処分をゼロに、動物と人間が過ごしやすい世の中に」です。
小さな一歩ですが皆さんと力を合わせ、ブリーダーだから出来る事をしていきたいと思っております。

ウィッチティグは皆さんの新しい家族を生み出す仕事に誇りを持っています。

必ず犬舎にお越しいただき、対面でのお渡しをしております。

お渡ししたら終わりでは無く、パートナーとして寄り添うブリーダです。



「パピーミル」をご存知ですか?

英語で「子犬工場」を意味し、営利を目的として犬などの愛玩動物を費用を抑えて大量に繁殖させている悪質なブリーダーのことを指します。

この子達から生まれた仔犬達はペットショップに卸されています。

この事からペットショップでの展示販売を反対する声が強まっています。


命を守る為このプロジェクトを立ち上げました。

今日も罪のない保護犬達が殺処分されています。

ペットショップで売れ残った子、飼いきれなくなったという理由で持って来られた子、

現在、行動力あるボランティア団体の方々が殺処分ゼロを目標に動いてくださっています。


ブリーダとして私に出来る事は何か

そう考えていくにつれ

保護犬を減らし、殺処分をなくす根本的解決策が必要だ

そんな思いからこのプロジェクトを立ち上げました。

ブリーダから迎え入れるという新しい常識を作りたい。

保護犬を減らし、殺処分をなくす為、根本的に解決したい。

パピーミルを無くす、不当な理由での飼育放棄を無くす。

それには、ペット業界の透明性飼い主さんのわんちゃんへの理解が必要です。


ペットショップを介さず直接犬舎にお越しいただき、ブリーダ、親犬達と対面して頂きます。

犬舎の様子見て頂ける様オープンな状態にすると共に、親犬の性格や、その犬種の特徴をブリーダが説明する事で飼い主さんのイメージとの相違を減らす事が出来ると考えます。

ブリーダーも会話をしていく上で我が子を安心してお渡し出来る方なのかしっかりとみる事が出来ます。


外国では当たり前のブリーダ直売

「ペット先進国」とされているドイツイギリス・スイスやアメリカなどの欧米諸国では生体の展示販売が制限されています。

ワンちゃんは子犬のうちに社会性を学び、人間と共存していく上でのしつけも受ける必要があります。

ペットショップの狭いゲージにいては社会性所ではありません。

親犬がしっかり教育をし、ブリーダがサポートする。成長において必要不可欠です。


ブリーダから迎え入れるという常識を定着して貰うには

行きたくなる様な店舗作りが必要だと考えます。

ブリーダ業は都会では出来ません。

現実から離れ、疲れを癒せる様なペットショップでは味わえない店舗作りをします。

犬達にも人間にも居心地の良い犬舎をつくり、ブリーダから迎え入れる事のメリットの多さを知ってもらう事で、良いイメージを持って頂けると思います。

また同業者さんにも良い刺激になるのではないかと思います。一般の方々のブリーダーに対する基準が上がれば、必然的に同業者さんもより環境作りに力を入れると考えます。


ブリーダー(ウィッチティグ)から迎え入れるメリット

1つ目、お客様は理想の子を求め遠方からお越しになられます。どのように成長するのか、両親はどんな子なのかしっかりと見ていただく為、お客様の心配を最小限に減らし、理想の子と出会う事ができます。


2つ目は犬の成長のための最善の環境を整えていることです。1つの犬舎で飼育する頭数を限ることで、広々としたスペースで行き届いた教育を行うことができます。


3つ目は取り扱う犬の種類を限定し、より専門的な知識を持って飼育していることです。


4つ目はきちんとしたしつけが出来ている状態でお渡しできることです。

またウィッチティグでは子犬の見学を完全予約制とさせていただいております。お客様にしっかりとブリーダーが持っている知識をお伝えする為、またお客様と子犬がリラックスした状態で向き合っていただく為、マンツーマン方式をとらせていただいております。

このプロジェクトで達成したい事。

私達はこのプロジェクトで、ブリーダの基準になる犬舎を建設したいと考えております。

ワンちゃん達や飼い主さんにとって居心地の良い環境に引越し、店舗建設を計画しております。


いただいた資金の使い道

現在、不動産屋さんに場所は押さえてもらっております、

頂いた資金は土地の樹木伐採、犬舎建設に充てさせて頂きます。

その他かかる費用

「 土地建物購入費

  リフォーム

  設備購入費  」



最後に

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

皆さんにペット業界の現状を知って頂く入り口になればと思いこの場を借りて情報を発信させて頂きました。


ペット業界の新しい基準を作るべく日本各地に拡大を目標に活動しております。

お声がけお待ちしております。

予想収益

年間売上は2000万円を予想しております。

ランニングコストは550万円



起業資金

1,000万円

起業家

山本さん
性別 男性
住所 兵庫県
年齢 20歳
最終学歴 高等学校卒業
出身校 台湾中華大学在学中


【ペットショップ】関連度の高い起業案件
ブリーダー直売のペットショップの開店307 View( 野畑 豪さん)
ペットショップの熱帯魚ネット通販938 View( green8Japanさん)
日本発のベンガル猫専門のペットショップを開業したい。937 View( benloveさん)
動物病院、ペットショップ、トリミングサロン、ペットホテル買収案件1812 View( takataka0801iさん)
ペットショップ開業972 View( ks54122731さん)
【ペット】関連度の高い起業案件
ブリーダー直売のペットショップの開店307 View( 野畑 豪さん)
ペット事業☆彡 ペットホテル 要介護老犬ホーム開業281 View( shokoさん)
女性を犯罪やストレスから守る可愛いペットロボットの開発518 View( 石川 加奈子さん)
ペットのトリミングとネイルマッサージが一緒にできる店の開業522 View( sakura541224さん)
ペットショップの熱帯魚ネット通販938 View( green8Japanさん)