賑わいの戻った韓国・済州島にカレーダイニング新規開店

掲載日 2020年10月08日  飲食店 

起業したい内容

【起業内容】

弊社は日米韓に法人を設立し、『日本の食』をテーマに飲食事業を展開しております。
日本の成功店のアメリカ展開サポート、また自社での運営を行っております。


今回、韓国のリゾートアイランド・済州島にて
カレーダイニング店チェーン展開の企画が立ち上がり、
開店資金を募集いたします。

《本企画の特長》
●観光客の戻ってきた済州島は現在ビジネスチャンス
韓国本土からの観光客で、連休5日間に21万人訪問との報道あり。

http://rki.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=76615

現地スタッフも賑わいを実感しています。

●実績のある店舗展開
コロナ前にソウル近郊にて好調な売上を記録した、

日本発のカレーダイニング
※ソウル近郊のモデル店舗にて、
 月商800~900万円の売上実績があります。

日本・韓国両国に精通したスタッフが、売れるメニュー展開を実施します。

●以降のチェーン展開
 まず3店舗の直営を行い、随時FCでの展開を行います。

いずれ韓国本土にも再進出を計画しております。


《開店場所:済州島の特長》

韓国最大の島、温暖な気候で観光地として有名です。
島内にはカジノなど娯楽施設が多数、消費水準も高い地域です。
人口70 万人弱ながら、年間観光客1700万人が訪れる魅力的な市場です。
前述の通り、コロナの影響はほぼほぼ沈静化しました。

日本国内ではまだなかなか見られない好立地条件です!

《弊社の優位点》

●すでにソウル近郊にて人気を得たメニューをノウハウを生かして展開、

準備期間が短縮できる

※PCからこのページをご覧頂くと、参考画像が表示されます。


●現地出身スタッフによる確実な運営
※地場意識が強く、島外者による運営は困難が多いところ、

弊社はスムーズに開店可能です。


《希望金額》
5000 万円(3店分) ※単店の場合1500万円

《資金の用途》
費用内訳:5000万円、3店開店の場合

家賃+デポジット
人件費
メニュー開発・機器調達
広告・キャンペーン費
申請手続きなど
FC チェーン加入営業、広告、本部整備(5000万円の場合のみ)

※スモールスタートで開始されたい場合、
 1500万円にて1店のみの開店も対応可能です。

予想収益

予想月間売上:400万円~600 万円×3店=1200~1800万円
月間26日営業、ドリンクを除く、税引き後、
クレジットカード使用顧客の手数料(4%)差し引き後

※詳細は面談時に資料を元にご説明いたします。

5000 万円の場合→店舗売上およびFC 加盟金から還元します。
1500 万円の場合→店舗売上から還元します。

《弊社を見学いただけます》
投資を正式にご検討頂いた投資家様には、弊社国内店舗のご案内・試食をいただけます。

また、ご希望に応じて現地店舗開店後にご案内させていただきます。

ご検討の程、どうぞよろしくお願いいたします。


起業資金

1,500万円

起業家

石井一騎さん
性別 男性
住所 神奈川県
年齢 44歳
株式会社WASHOCK
役職 経営者
会社設立 2015年
従業員 5人以上
資本金 5000万円以上
年間売上 5000万円以上
事業内容
ITエンジニアリング 和食海外進出サポート事業 飲食店運営 日用品小売・卸売業


【カレー】関連度の高い起業案件
元美容師が作る髪と体にいいカレー屋さん236 View( 岩國 智子さん)
アフリカ ナイジェリアにおける うまい棒やハウスカレーの拡販784 View( dickendsさん)
【韓国】関連度の高い起業案件
韓国系芸能事務所を立ち上げたい209 View( あやさん)
BARを開業したいです、後には今勉強している韓国語を生かして韓国にも。748 View( haruki0765511331さん)