エンジェル投資家と投資家の違い – グッドエンジェル

エンジェル投資家と投資家の違い

登録日:2019年12月07日  |   最終更新日:2021年01月31日

エンジェル投資家から投資を受けることは、初期段階のスタートアップや起業家にとって最適な選択です。

日本でも、徐々にではありますがエンジェル投資家の存在が浸透しつつあります。

このページではエンジェル投資家の定義や、エンジェル投資家と投資家の違いなど、じっくり解説していきます。

目次

エンジェル投資家とは何か?

エンジェル投資家は、株式や転換社債と引き換えに、小規模なベンチャー企業やスタートアップに投資します。

大抵は裕福な個人であり、起業家の家族や友人がエンジェル投資家になることが多いです。
また、エンジェル投資家は以下のように呼ばれることもあります。

エンジェル投資家が提供する資金について

エンジェル投資家は通常、初期の段階でスタートアップに資金を提供する個人資産家であり、多くの場合、自分のお金で投資をしています

また、一部のエンジェル投資家は、クラウドファンディングプラットフォームを利用してオンラインで投資したり、エンジェル投資家ネットワークを構築して資金をまとめることもあります。

エンジェル投資家の資金提供は、事業の立ち上げを支援するための一回限りの投資

小規模な企業家やベンチャー企業にとって困難な、会社経営の初期段階をサポートするための継続的な資金注入などのパターンがあります。

エンジェル投資家の注意点

実績のないスタートアップ初期段階へ投資をするエンジェル投資は、多くのスタートアップにとって大切な資金源となり、まさに天使のような存在だともいえます。

ただし、エンジェル投資家を見極める際には注意すべき点があり、以下のことを頭に入れておく必要があります。

多くのエンジェル投資家は、自分自身が事業での成功経験のある富裕層なので、大抵の場合は、資金と同時に自身のノウハウも提供しスタートアップをサポートします。

エンジェル投資家がスタートアップに提供するサポートは、経済成長につながるイノベーションを促進するという側面もあります。

しかし、こういったエンジェル投資はリスクが高く、通常、エンジェル投資家がポートフォリオの10%を超える成果を出すのは難しいです。

そのため、ほとんどのエンジェル投資家は利用可能な余剰資金を持っており、エンジェル投資以外の一般的な投資よりも高い利益率を求めています

エンジェル投資家は、不確定要素の多い、事業を開始する起業家に投資するため、他の貸し手と比較して、経営に口を挟まれたり、より有利な条件を提示される可能性があります。

エンジェル投資家の概要

エンジェル投資家は、スタートアップの初期段階で投資しようとする個人です。これらのタイプの投資はリスクが高く、通常、エンジェル投資家のポートフォリオの10%を超えることはありません。ほとんどのエンジェル投資家は利用可能な余剰資金を持っており、伝統的な投資機会によって提供されるものよりも高い収益率を求めています。

エンジェル投資家は、通常、事業の実行可能性ではなく、事業を開始する起業家に投資するため、他の貸し手と比較してより有利な条件を提供します。エンジェル投資家は、スタートアップがビジネスから得られる可能性のある利益ではなく、スタートアップが最初の一歩を踏み出すのを支援することに焦点を当てています。本質的に、エンジェル投資家はベンチャーキャピタリストの反対です。

エンジェル投資家は、インフォーマル投資家、エンジェル資金提供者、個人投資家、シード投資家、またはビジネスエンジェルとも呼ばれます。これらは、所有権の公平性または転換社債と引き換えにスタートアップに資本を注入する、通常は裕福な個人です。一部のエンジェル投資家は、クラウドファンディングプラットフォームを介してオンラインで投資したり、エンジェル投資家ネットワークを構築して資本をまとめたりしています。

エンジェル投資家の起源

エンジェル投資家という用語は、ニューハンプシャー大学のベンチャー研究センターの創始者であるウィリアム・ウェッツェル教授が最初に使用し始めたことが起源になっています。

また、エンジェル投資家の「天使」という用語は、イギリスで裕福な個人が、劇場作品の推進のためにお金を与えたことが由来です。

エンジェル投資家と投資家の違い

エンジェル投資家と一般的な投資家の大きな違いは「スタートアップへの投資を行うか否か」です。

通常は実績のないスタートアップに投資するのはリスクが高く、一般的な投資家は投資をしませんが、エンジェル投資家は下記のような理由でスタートアップに投資をします。

  • スタートアップや企業家の応援
  • リスクを承知で起業の初期段階に安く株式を購入し、将来のハイリターンに期待する


そのため、一般的な投資家や金融機関からサポートを受けるのが難しくなるスタートアップでも、エンジェル投資家は資金面だけでなくビジネスや経営のノウハウ面でもサポートを提供します。

ただし、ベンチャーキャピタルなどの投資家と比較すると、多く場合が個人の資金であることとリスク面を鑑みて、提供される資金が少額になる可能性が高いです。

エンジェル投資家とベンチャーキャピタリストの違い

エンジェル投資家とベンチャーキャピタリストは、ビジネスの初期段階で投資をするという点は同じですが、多くの場合、投資マインドや資金提供をするタイミングが異なります。

エンジェル投資家は、スタートアップがビジネスから得られる可能性のある利益ではなく、スタートアップが最初の一歩を踏み出すのを支援することに焦点を当てて投資をします。

上記の意味で、スタートアップからの事業拡大の段階で投資して、キャピタルゲインを得ることを目的としている「ベンチャーキャピタリスト」とエンジェル投資家は、本質的には反対の意味です。

エンジェル投資家が投資する動機

スタートアップのシード期から投資をするエンジェル投資家は、初期段階で失敗した場合、投資を完全に失います。

スタートアップが初期段階で失敗する可能性は非常に高いです。

投資の成功する見込みの少ないスタートアップへ投資をすることは、ただでさえハイリスクなエンジェル投資家のリスクをさらに上げます。

これが、プロのエンジェル投資家が、定義された出口戦略、買取、または新規株式公開(IPO)の機会を探す理由です。

エンジェル投資家は何を求めているのか?

エンジェル投資家のポートフォリオを成功させるための実行内部収益率は約22%です。

これは、初期段階のビジネスを持つ起業家にとっては高すぎるように見えるかもしれません。 しかし、銀行などの安価な貸し手は通常、初期段階のビジネスベンチャーには利用できません。

上記の点を鑑みると、エンジェル投資家は、事業の立ち上げ段階でまだ財政的に苦労している起業家に最適です。

エンジェル投資は、収益性の魅力がスタートアップの資金源になることを可能にしており、日本でも過去数年に渡って成長しつつあります。

これにより、経済成長に繋がるイノベーションがさらに促進されることでしょう。

エンジェル投資家(ランキング)

愛知県 男性29歳
1,000万円を投資します

大阪府 男性45歳
70万円を投資します

宮城県 男性47歳
300万円を投資します

東京都 男性44歳
1,000万円を投資します

岐阜県 男性27歳
1,000万円を投資します