電気自動車(EV)の専門店(オンライン販売)を設立して自動車業界を変える

掲載日 2020年11月30日  販売ショップ 


起業内容

長期にわたって持続するビジネスとして電気自動車(EV)の転売をやりたいと考えています。


具体的にはオンライン専門店、電気自動車専門店として、可能な限り経費を抑えたビジネスモデルです。

(原則は非対面型ですが、試乗や見学の希望があれば対応)


オンライン販売については既に世界でトップの時価総額に上りつめたテスラもオンラインで完結する自動車販売をやっています。


エンジンがないゆえ、故障も少なくメンテナンスも簡単な電気自動車であれば「整備なし・現状販売」ベースで十分経営していけると予想しています。


また電気自動車は海外からの需要も高く、外国人バイヤーが本国に帰国している現状ですと国内販売と並行して輸出専門のポータルサイトにも出品して売れる可能性もあります。


コロナが落ち着き、会社の資本規模が大きくなった際には電気自動車の輸出も積極的にやってみたいと思います。


具体的なビジネスプランを公開します。事業計画書もある程度作成済みですので、もしご興味があれば個別に公開します。


従来の自動車産業は、店舗を構え整備士やスタッフを雇い、広告媒体(カーセンサーやグーネットなど)に高い掲載料を払って運営するという高コスト体質で、それが車両価格に上乗せされることから、仕入れ価格に何十万、高級車であれば100万以上という利益が上乗せされて販売されているのが現実です。


更に整備と称して不透明な料金を上乗せする業者も多いです。


一般のユーザーには自動車がブラックボックスである点を悪用して不当に利益を上げようとする中古車販売店がまだまだ多いのが現実です。


そこで私が思いついたのが「無店舗型の自動車販売店」にして、販売チャンネルもヤフオクやメルカリなど低コストでできるものに限定することで、ユーザーに従来の中古車店よりも安く販売することができるのでは?ということです。


もちろん将来的なことを考えて、開業と同時に自社販売のwebサイトも構築します。


当初は集客が見込めませんが、SEOの観点から早めに構築し、車の掲載と同時に自分の個人ブログをサブディレクトリィに入れたり、YouTubeチャンネルを設立して自社や電気自動車の魅力をアピールすることでSEOに強いドメインに鍛えて、後々は自社販売中心に切り替えていきます。


店舗は設けず自宅を事務所代わりにして、仕入れ代、駐車場代や業者オークションの利用料のみが主な経費となります。


格安である代わりに自動車は原則整備なしの「現状販売」にして、それに納得できるユーザーに販売するというやり方であればトラブルは回避できるかと思います。


希望があれば車両の見学・試乗には対応しますし、整備も希望であれば自動車整備工場に外注し、手数料を上乗せして整備はしますが、ヤフオクやメルカリなどで車を買う人は安く買いたいというユーザーが中心なので少ないです。


具体的には

既に中古車市場に出回っている電気自動車を業者オークションで調達し、


日産リーフ 40〜50万が相場

フォルクスワーゲンe-ゴルフ 200万くらいが相場

BMWi3  200〜300万くらいが相場

テスラモデルS 300万〜400万が相場


テスラ・フォルクスワーゲン・BMWについてはまだ高級車の価格になるので5台の車両の中で1〜2台、残りは日産リーフや三菱ミーブなど安く調達できる電気自動車で考えています。


テスラやフォルクスワーゲン(e-ゴルフ)、BMW(i3)については販売のみではなく「リース」や「カーシェア」も並行して行うことも考えています。レンタカーと違い営業するための許可も不要ですので参入しやすいです。


販売については国産車には10万前後の利益、テスラ・BMW・フォルクスワーゲンは50万〜100万の利益を乗せて販売する計画ですが、これでも普通の中古車店に並ぶ電気自動車よりは安いです。

(業者オークションの落札票とほぼ同年式・走行距離の車を中古車店の販売価格と比較した資料はあります)


例えば300万円程度で落札されているテスラモデルSが中古車店では450万〜500万くらいで売られていますが、無店舗型であれば400万くらいで売っても問題なく利益が出ます。


当初は高額な仕入れ代と駐車場代という持ち出しがあるので5台在庫を用意するところからスタートし、業績に応じて10台15台と増やしていく計画です。


最初は自社のホームページでの集客は難しい可能性が高いので、主な販売チャンネルとしてヤフオクやメルカリ、ジモティーなどを活用する予定です。


ヤフオクなどで販売を続ける間に自社ホームページのドメインも強くなっていくので、徐々に自社販売に切り替えていく計画です。

(ドメインは既に取得しており、起業前の現在は個人ブログとして毎日更新しています)


現時点で電気自動車専門の中古車販売店はほぼない状態なのもあり「電気自動車 中古」「EV 中古」などのキーワードは競合が弱いので、今の時期からホームページを開設しておけば後々優位な立場に立てると思います。


また会社の存在と電気自動車の魅力をアピールするために、個人ブログに加えてYouTubeチャンネルも設立したいと思います。


同様にカーシェア(Anycaなど)やリース用に常時1台は用意しておき、実際に電気自動車を体験してもらう場も設けておこうと思います(もしその間に購入希望が現れれば売却して次の車を調達)


運営経験のあるホームページと違いYouTubeに関しては素人なので必要であればコンサルを入れることも検討しています。

※動画自体は自分で作成して、インフルエンサーの活用などSNSヘの拡散をお願いする方が低コストで効果的かもしれません。


オークション会場への車の引き取りやお客様への納車、陸運局への登録などで人を雇う必要も出てきますが、当初は一人で開業し、人件費も可能な限り抑えようと思います(どうしても必要になった場合はバイトで対応)。


自動車の中でも電気自動車(EV)は今後右肩上がりに需要が伸びることがほぼ間違いなく、日本国内のみならず海外に輸出するなど発展性のあるビジネスだと確信しています。


もし少しでも可能性を感じていただけれるのであれば事業計画書などを用意して、更に具体的なお話をさせていただければと思います。


私個人の状況では開業する資金力が乏しいので「小規模事業者持続化補助金」や東京都の「創業助成」などを申請して、少しでもリスクが軽減された状態でスタートする方向で現在動いています。


投資金額内訳

webサイト 格安で作成してくれる業者を利用し20〜30万で作成してもらう予定(BASEかshopifyの利用を検討中)

中古車の仕入れ相場

日産リーフ 40〜50万が相場(業者オークション価格) 

フォルクスワーゲンe-ゴルフ 200万前後が相場(業者オークション価格)

BMWi3 200〜300万が相場(業者オークション価格)

テスラモデルS 300万〜400万が相場(業者オークション価格)

オークション利用料が3万円〜5万円(古物商取得直後、1年ほどはオークションに加盟できないので代行業者への手数料込み)


事務所賃料:0円(自宅を事務所代わり)

HP制作費:300000円

車両購入費(5台):6500000円(日産リーフ50万×3=150万、VWかBMW200万×1=200万、テスラ300万×1=300万で計算)

駐車場確保(敷金・保証金・手数料・前家賃等):200000円(仲介手数料家賃1ヶ月分を計上)

登録免許税等:210000円(法人設立のための登録免許税・定款認証・電子定款作成)

その他:古物商許可申請 20000円 自動車引き取り業・リサイクル業登録(廃車買取のため)10000円 

Youtubeチャンネルのコンサル50000円


初期投資729万


1ヶ月目から3ヶ月目までの管理費が50万×3=150万

(車両保管場所+雑費+私の報酬30万円)


車両購入費については、テスラは一台、BMWかフォルクスワーゲンを一台、日産リーフや三菱アイミーブが3台で考えています。


予想収益

【概算試算表】(3ヶ月後)

◎総売上:5,350,000円(車両5台売り切り/月)

◎仕入額:4,200,000円(在庫5台仕入れ/月)

◎粗利益:1,150,000円

◎管理費: 500,000円(車両保管場所+雑費+私の報酬30万円)

◎在庫費: 0円(必ず5台/月を完売する前提)     

------------------------------------------------------------------------

●営業利益:650,000円 (税引き前)


【概算試算表】(6ヶ月後)

◎総売上:10,700,000円(車両10台売り切り/月)

◎仕入額: 8,400,000円(在庫10台仕入れ/月)

◎粗利益: 2,300,000円

◎管理費: 500,000円(車両保管場所+雑費+私の報酬30万円)

◎在庫費: 0円(必ず10台/月を完売する前提)     

------------------------------------------------------------------------

●営業利益:1,300,000円 (税引き前)


不確定なので計上していませんが、これにリースや「Anyca」などのカーシェアでオーダーが入れば更に加算されます。


起業資金

1,000万円

齋藤 公治
性別 男性
住所 東京都
年齢 43歳
最終学歴 大学卒業
出身校 早稲田大学
資格 英検準一級
経歴 大学卒業後15年ほど予備校講師をやった後、数年海外を放浪していました。 その中で東南アジアやアフリカで古い日本車が数多く走っているのを目撃したことから、日本で安く流通しているが海外では高く売れる日本の中古車を輸出するビジネスを始めてみたいと思い、登録させていただきました。 未経験であることを批判されたこともありますが、元から趣味で業者オークションを利用して自分の車を買っていました。日常自分で車検場へ行って車検を通したり、購入の際の名義変更などを自力で行っており、業界の仕組みは多少理解しています。 デ
職業 個人事業主