コロナ禍による飲食店経営者を救いたいです。

掲載日 2021年02月09日  飲食店 


起業内容


コロナによって個人飲食店経営を辞められた職人さんを集め、キッチンカーをこちらで提供し、それぞれのお店看板商品だったものを販売してもらい売上の70%を還元し職人さんたちを救いたいと思っております。

職人さんたちのメリットとしては
初期費用がかからない、固定費もいらないなど、こちらで提供するキッチンカーのみでリスクなしで頑張っていただきたいと思っております。
また、宣伝広告(SNS等)やイベント等(祭り、音楽ライブなど)のアポ取りは全て運営側で行う予定です。

その他の経費や固定費も運営側で負担することを考えております。

職人さんには、とにかく商品を売ることと、笑顔を提供することに集中してもらう環境を作りたいと思います。

こんな世の中だからこそ
笑顔と元気をキッチンカーから
お客様に届けたいと思います。
そうすることで、職人さんたちも
救えるのではないのかなと思っております。

予想収益


7台スタートの想定(コロナ禍による)
平日の平均売上 約20万円
土日の平均売上 約40万円
稼働時間
平日 午後12時~20時まで
仕込みは、前日に終わらせる予定

土日 午前11時~20時まで
各自休憩は2時間程度

月間 約720万
年商 約8640万

1000万投資いただいた場合の内訳

両購入費(中古軽トラ(50万程度のもの))×7台

軽トラにのせるコンテナ×7箱
(約20~30万程度 国からの助成金を使う)

総計 約600万

残りの300万
仕入れ金250万
広告費50万ほど(そんなに使わないかもしれない)

事務所は、最初はもたずに
キッチンカーは職人さんの自宅にて管理予定。(利益が出てきたら、コンテナハウスの事務所を構え、キッチンカーを管理できる更地を購入予定です)


起業資金

1,000万円

籾木佑太
性別 男性
住所 宮崎県
年齢 26歳
最終学歴 高等学校卒業
出身校 宮崎商業高校
資格 証券外務員2種 日商簿記2級
経歴 高校卒業後、福岡県北九州市にある九州共立大学に野球推薦で入学。三年時に退学し、一年間東京でアルバイトで生計を立てながら暮らし、現在地元にもどり団体職員として勤務している。
職業 金融機関職員