「服を脱がずにトイレができる車イス」 新たな環境ビジネス(新燃料製造装置開発事業)と福祉・介護ビジネスで、日本と地域の活性化を目指し、高齢者、障害者の雇用を生み出す事業です。

掲載日 2021年04月16日  新ビジネス・商品 


起業内容

①身体不自由な方々の精神的負担、介助される方の肉体的負担を軽減するために開発致しました。

高齢化社会の、「新介護移送サービス事業」の全国展開(漫画本にて説明)

③身体不自由な方々との共存住宅事業


【市場、将来性、社会貢献度】

福祉関連対象者約360万人、介護関連約300万人

在宅、施設等への販売、レンタル事業

ニュー介護タクシー事業 行き先でトイレの心配がいらない、長距離移送サービスタクシー事業

目標台数 初期3年間で 10万台


【売上予想】

直接販売 10万台 × 55万円 

レンタル 300万台×15,000円×レンタル月


【投資希望額】

1000万円~

世界初「服を脱がずにトイレができるいす」の製造販売

動画配信

Youtube  にてジャパン・オアシス トイレ付車いす で検索






今、時代は燃料費削減に動いています。

【燃料事業とは】

水道水が軽油、灯油、A重油に変わる装置。

現在20%~33%が可能となっています。販売価格600万円~1800万円

CO2排出量も20%以上削減します。

毎月の燃料代20%削減は喜ばれます。


会社概要
・商号:ジャパン・オアシス株式会社

・設立:平成16年11月24日
・資本金:1000万円
・代表者:代表取締役 末廣修一  (株式100%所有)

・役員:1名

・監査役:1名


【事業内容】

2005年「服を脱がずにトイレができる車イス」の開発

2010年「超低分子燃料製造装置(ニューナノ化エマルジョン燃料)」開発

2016年「ECO燃料製造装置」開発

2016年「船舶対応エマルジョン燃料装置」開発

2021年「エアコン用ニューフロンガス」研究・開発

2021年 地熱発電パワーヒートパイプ補助作業研究

2021年 エマルジョン燃料製造装置を使った「エコ発電装置」開発

【特許取得】

特許第59●●●071号      特許第57●●●162号

【活動内容】

2005年~2018年 「服を脱がずにトイレができる車イス」試作機製造

2010年 海外燃料成分研究(ベトナム台湾フィリピン等)

2016年 台湾に自動車(ディーゼルエンジン)走行試験

     ベトナムにて同じく走行試験

2018年 フィリピン試験、調査  ベトナム試験・調査 など








起業資金

2,000万円

ジャパン・オアシス株式会社
性別 男性
住所 長崎県
年齢 63歳
ジャパン・オアシス株式会社
役職 経営者
会社設立 2004年
従業員 5人未満
資本金 1000万円以上
年間売上 500万円未満
事業内容
社会貢献度、将来性、独自性、地域活性化、定年退職のない自営業のすすめ、雇用促進、身体不自由な方々との本当の共存共栄事業