世界に卸すことを視野に入れた既存アパレルブランドの運営

掲載日 2022年05月17日  新ビジネス・商品 


起業内容

はじめまして。 当方は前年度より、新規アパレルブランドを立ち上げました。 具体的な内容としては、俗にデザイナーズブランドと言われる、比較的高単価なものを、高感度な消費者へ向けたビジネスモデルです。 

これまでは約15年間、数社のアパレル企業にて、様々なテイストやターゲット層の違うブランドでデザイナーとしてのキャリアを積んで参りました。

 最終職歴は、この度立ち上げたブランド同様のゾーンで、日本トップのファッションの舞台と呼べる東京コレクション等でショー形式の発表をし、国内外のビジネスへ繋げるスタンスのブランドに属しながら、有名アーティストの衣装デザイン等にも携わりました。

 現在はフリーランスとして複数のプロジェクトに参画しております。

 アパレルというと、なかなかビジネスに繋げにくい印象をお持ちの方も多いかと思います。 確かにそれも一理あります。 ですが、しっかりと押さえるべきポイントをクリアすれば必ず利益を見込めるビジネスでもあると考えます。 

実際、昨今の日本のファッションデザイナーは世界的評価が増してきており、ついには年商100億規模の収益を出す国内ブランドも登場してきました。 サッカーに例えると、中田選手等が海外で活躍されたことで新たなレールが確立され、現在多くの後続の選手達があたりまえのように世界で活躍されている様に、 ここ数年の間に世界で評価され、結果を出している先輩デザイナーの方々のお陰で、世界中に日本のファッションブランドがビジネス参入できる枠が拡がりつつあります。 ※以前はアジア人は比較的難しいとされてきました

また、昨今のコロナ禍においても、グローバルな視点から見るとアパレル産業は依然として成長産業に属しており、その市場は拡大傾向にあります。 当方にはこれまで培って経験と、上記で述べた、ファッションブランドビジネスとして収益を取るためのノウハウ・人脈・背景があります。 

この度、他の企業様内で出資を受けブランド立ち上げにまで至りましたが、出資元企業様の経営悪化のため、ブランド開始直後ですがすでに今後の継続が難しい状況です。 それに伴い、当ブランドは当初の出資元企業様から切り離し、単独で運営していく運びとなったため、サポートしていただける方を探しております。 

ただ、出資していただく際にネックとなる事柄を先に述べますと、

 ・過去に体調を大きく壊したことで始まり、運営主はクレジットブラック状態であること(返済自体は終わっております) 

・前出資元の都合上、一部の資産管理表や損益等の明確な書類が提出できないこと(わかる範囲内でお伝えさせていただきます)

という2点がございます。 

上記を踏まえネガティブな点はありますが、ファッションで勝負していく上で根本的に必要となる 

・クリエイションレベルと品質の高さ 

・ヴィジョン 

・人脈や背景など、これまで培った強みからの事業戦略 等

で評価していただければ幸いです。 

まずは是非、ご相談・ご面談頂ければと存じます。 

まだ大きな利益が出せる程の軌道に乗れてはいませんが、周囲との関係含め、そのための基盤が固まりつつある時期なだけに、とても悔しいです。 チャンスを下さい。

宜しくお願い致します。


起業資金

500万円

吉本慎吾
性別 男性
住所 東京都
年齢 38歳
最終学歴 専門学校卒業
職業 デザイナー/ディレクター