悩みや被災で苦しむ人を回復させるビジネスを拡大中

掲載日 2016年07月28日  医療・福祉 


起業内容

現代社会は不安や落込みがあふれています。一面ではうつ病やパニック障害、強迫性障害のような精神病の方々もおりますが、それには病院があります。ここで考えているのは、一般的な人々、悩みを抱えて不安や落込み、対人恐怖に苦しんでいる人達が置き去りにされている状況です。また、全国で地震など自然災害の犠牲となり避難所生活を送られている人たちも、時期が経過すると記憶の彼方に置かれています。そうした方々をメインとするビジネスです。そうした方の悩みをじっくりとうかがい、メンタルを整えるとともに、適切な方策を見つけていくものです。

これから先、従来以上に自然災害が多発することが予測されています。苦しむ人たちが相談で救われる場を提供していく。公共機関ではまかないきれないものを、所定の料金を取りながらサポートしていく。ニーズは幅広く、本来は東京と仙台で展開していますが、現在はコロナ禍で一時休止中です。再開と新展開を検討中です。

【詳細内容】
●ターゲット
ごく普通の人達、悩みや不安を抱える人達がターゲットとなります。うつ病などの病的な人々にも対応することはできますが、メインターゲットは、ごく普通の人、悩みを抱えるサラリーマンやOL、ひとりぼっちの高齢者などの方々です。

●対応技術
英国・米国では精神科領域で科学的効果が認められ一般的な療法となっている認知行動療法をベースに、心のケアをサポートする肯定的技法を加えて駆使してサポートしていきます。この方法により現実に10年以上うつ病に苦しんだ人達が、薬を使わずに約1年のサポートでうつから回復しています。

●ビジネスモデルとして
医療のビジネスモデルとしてその中心に病院があります。病気ならば病院に行く。それが当たり前の姿です。では、深い悩みがあっても精神病ではない時にはどこにいけば良いのでしょうか? 病院ではそうした方々への対応は無理と言えます。実際に相談に行くところがない。ひとりで悶々として悩んでおられる。そこで、こうした人々の受け皿になるような場所を提供する。新たにごく普通の人達が抱えている悩みや不安を解消できるような、気軽に利用できる場を創っていこうと考えています。

●料金設定
悩みを抱えて苦しんでおられる方は、多少の出費をいとわずに相談に来られます。所定の料金を取る代わりに、しっかりとした改善を図っていきます。また、そうした中からメンタルではない具体的な問題をピックアップして、弁護士や税理士、建築士や公的機関などにつないでいく。そうしたきめの細かいサービスを展開していくことが、新たなチャレンジといえます。

●スタッフ
組織を作り上げるとともに、サポートに携わる人材の育成が必要となります。最短で6ヵ月の期間が必要となります。各地域に根ざした人材を育成し、顧客をサポートしてもらう。その結果として,現地での雇用を増やしていくという意味合いも出てきます。

●展開
ニーズは全国にありますので、近い将来的には各地にひとつづつ作り上げながら、最終的に全国展開を図りたいと考えています。また、将来的には日本を追いかけてくるアジア地域で同じような状況が出てきますので、新たな展開設置も考えていきたいと思います。

●具体策と資金
こうしたことの実現のためには、それなりの具体策と資金が必要となります。詳細については別途に個別にご案内をしたいと思います。

再開ならびに以上の各点を実現するために、資金が必要となります。こうした資金面でのご支援をいただければと考えています。また、将来的な展開について、ご意見などの面でもご協力いただければと思います。資金は徐々に必要となるもので、一括して多額の資金が必要となるわけではありません。ご協力をよろしくお願い致します。

相談室経営者


起業資金

500万円

choushin
性別 男性
住所 東京都
年齢 60歳
最終学歴 大学卒業
出身校 中央大学
資格 キャリアコンサルタント(国家資格) 厚生労働大臣認定 産業カウンセラー カウンセリングセンター聴心館館長
経歴 東京弁護士会副会長法律事務所でパラリーガルとして訴訟準備から民事執行・破産管財人業務などを担当。その後,上場企業での25年のカウンセリングを経て『カウンセリングセンター聴心館』を独立開業。東京青山・仙台で展開中。 http://www.choushinkan.com
職業 心理カウンセラー・認知行動療法士