投資家募集を終了しました

【世界にチャレンジ】拡張知能を搭載したパーソナルトレーナー

掲載日 2016年09月03日  IT・通信 

起業したい内容

【起業内容】
はじめまして
株式会社Rehab for JAPANの大久保と申します。宜しくお願い致します。
今年の6月に登記し、来月(H28.10)に弊社のサービスである「Selfbox」β版を公開します。

お忙しいと存じますが、一読いただけると幸いです。

■今回のエンジェル様へのご依頼:スタートアップ〜アーリーに進むための資金調達です。

■問題意識
 日本は世界で最も早く超高齢社会になると言われ、日本の動きは世界の注目を集めています。4人に1人が65歳以上の超高齢社会を迎えるなか、シニア世代向けのサービスには「見守り」や「介護」といったイメージを抱く方も多いです。しかし、現在の60代はスマートフォンを使い、アクティブに趣味のゴルフや健康のためのウォーキング、フィットネスに行かれる方も多くなっています。
 私たちの「拡張知能を搭載したパーソナルトレーナー」は、シニアを中心に「自分にあった運動」を提案し、日本の健康増進を進めていきます。今後は日本市場だけでなく、世界にチャレンジしていきます。
 
■市場規模
・健康関連産業全体の市場規模:25兆円
・インターネットを活用する60代前後1800万人
・運動に関連する専門職(介護職含む):200万人
・当社のターゲット:200万人の医療・介護関連事業者
・当社のターゲット:1,300万人の50代、60代
海外市場も展開する予定です

■チーム
医療の専門家×エンジニア

■コンピタンス
・医療機関で働く「運動」の専門家の情報をデータドリブンし、様々なニーズの方にリプレイスを行います。いわゆる拡張知能が大きな強みなります。
・専門家とは、理学療法士や作業療法士を指しますが、彼らが日々の診療で使用する運動メニューを現段階で1200パターン(通常のアプリとかだと多くて300程度)用意し、今後10000種類まで増加させます。
・一般の方にも対応しており、ゴルフやテニスに必要な運動メニューを検索できるシステムになっています。
・エグゼクティブサマリー→https://www.dropbox.com/sh/29xr6gwptg4e3ss/AAA-uWZ1A2hBfnP35RCw7L8Aa?dl=0

■現状
ステージ:シードステージ。
β版は今月までに完成予定で、デバック等を行った後、実用最小限のプロダクトをローンチします。

■Vision:拡張知能を搭載し、セカンドライフにパーソナルトレーナーを提案する

■資金調達希望額:600万円から1200万円。
         
■資金使途
①サービスのリッチ化にかかる費用(人材調達もします)
②弁護士費用

医療と異なるシニア領域はホワイトスペースが大きく、未知なところが多いです。だからこそ、チャレンジしたいという情熱を感じます。
投資家の方のご協力で前進できるようお力をお貸しください。

今後の計画については、事業計画書をお送りしたり、東京にお住いの方であれば直接お会いし、検討いただければと思っております。是非、前向きな投資の検討をお願いいたします。


予想収益


第1期(H28.7-H29.6):-5百万〜8百万円→後半は300万円/月を予想
第2期(H29.7-H30.6):134百万円
第3期(H30.7-H31.6):537百万円
第4期(H31.7-H32.6):1722百万円
第5期(H30.7-H31.6):5000百万円

IPOを狙えるように資本政策のスキームを組んでいますが、目標の出口戦略は2年後のM&Aです。


起業資金

1,000万円

起業家

rehabforjapan さん
性別 男性
住所 東京都
年齢 29歳
株式会社Rehab for JAPAN
役職 経営者
会社設立 2016年
従業員 5人未満
資本金 500万円以上
事業内容
私どもはシニア層を対象とした健康増進事業を中心にプロダクト構築を行っております。 今回サービス公開に向けシードでの投資をご検討頂きたいと思っております。 β版の公開は10月を予定しています