投資家募集を終了しました

スマホ、ブラウザでディープラーニング(AI)開発ライセンス事業

掲載日 12月05日  IT・通信 

起業したい内容

お声を掛けていただければ、お伺いしてピッチ&デモを致します。
また、ピッチ用資料の画像もご参照いただければと思います。(下記掲載)

【課題】
アプリおよびWeb開発会社が顧客から仕事を取るための、開発ツールを提供します。
顧客より「何か面白いアプリないの?」「AIアプリ作れないの?」という課題に答えます。

【解決方法】
スマホ、ブラウザで、ディープラーニングができる開発システムを提供します。

【独自性】
GPU搭載の高性能マシンやFPGAといった特殊回路を組んだデバイスを使わずに、スマホやPCブラウザでリアルタイムなディープラーニングを使った、物体検出や姿勢推定ができます。

【チーム構成】
川口剛(代表)
システムエンジニア歴22年
現在は、AR、検索サービス提供会社にてITエキスパートとして従事。
過去、2度起業を経験。1年間、海外でオフショア事業立ち上げに従事。
AI特に画像検出技術に興味あり、2015年より、深層学習の研究を始める。
今年1〜3月に開催された第1回AIチャレンジコンテストにて、検出部門入賞。
https://deepanalytics.jp/compe/31/

野村任(共同創業者)
川口の所属する会社にて長年ARおよび検索ソリューションを中心としたマーケティング部門を担当。
スマートフォンアプリケーションについては深い造詣を持つ。
現在、食品メーカーイベントのVMD(Visual Merchandising)の仕事に携わっている。

【実績】
8月より当事業のシステム開発を開始(週35時間)
10月にデモ第一弾が完成。野村へのプレゼンによりチームに加入する。
11月、AI accelerator 3期に応募するも、面接選考で落選。
12月、「ピッチde資金調達しナイト」に応募するも、書類審査で落選。
2018年
2月創業予定

http://reality.vc/event/pitch_angel_vc_cvc_night.html
こちら応募した際の資料(パワポ)をfirestorageに置きます。
http://firestorage.jp/download/962154ba87d352f8b91f340f5b783e00370b9f7c
パスワード
pitch123
無期限に設定しましたが、万が一有効期限が切れてましたら申し訳ございません。

【マーケットサイズ】
AIを使った物体検出、姿勢推定アプリは、テクノロジーを全面に出すARアプリ開発に良く似ているため、それを元に市場規模を算出しました。
市場規模:
173億円 = 5,750 x 300万
      案件数  平均売上
案件数:
5,750 = 1,000 + 1,000 + 3,750
     iOS   Android  PCブラウザ
iOS(AppStore)のAR数   ...1,000 アプリ (*1)
Androidも同数として    ...1,000 アプリ
PCブラウザのサイト数
100万 x 55 x 0.15 x 1,000 ÷ 220万 = 3,750 サイト
(*2)  (*3)  (*4)      (*5)

(*1) アップストアのARアプリ「1000個を突破」
  https://forbesjapan.com/articles/detail/18419
(*2) 400万のうち毎月更新している会社数が1/4の100万
(*3) 世界:日本の人口比
(*4) 日本と同じような生活水準の国の割合
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1127470996
  (良い参照でなく申し訳ありません)
(*5) アップストアの全アプリ数

更にARと比べ、AIは機能が実用的なため、それよりも数倍のニーズにより
1000億円ぐらいの規模になると考えます。

【ビジネスモデル】
取っ掛かりはアプリ開発会社の販促ツールの提供とし、
そこからお客様を連れて来ていただき、開発ライセンスを販売します。
・販促ツール 50万 (キャッシュバック有り)
・開発ライセンス販売 (SDK提供) 200万
 (OpenPose等、ライセンスの掛かる機能提供は別)
・期間限定のプラットフォーム提供
 実費 + 構築費 + 保守月10万 (サポート費用は別)
・平均売上予想は300万/案件

【今後のマイルストーン】
2017年
12月中にはOpenPose(姿勢推定)モデルが動くようにする。
OpenPose
https://github.com/CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose
(ページ下の方にアニメーションがあります)
2018年
1月にはPCブラウザ、Google Playでデモアプリをリリース予定。ホームページを用意。
創業資金30万、基本システムライセンス26万(2,000 EUR/年)、OpenPoseデモライセンス280万(2.5万USD/年)。クラウドレンタル費月10万/月。
2月創業。AppStoreでデモアプリをリリース予定。
プレスリリースを打ちつつ、アプリ開発会社に対し、販促ツールの営業開始。開発者1人50万(川口)。
4月 AI Expoに出展。出店費50万円。営業1人50万(野村)。開発者1人採用50万。
6月までに販促ツールを10本売上(50万 x 10)。
8月までに下期開発ライセンス2本取り付ける(200万 x 2)。
10〜2月までに販促ツール10本(50万 x 10)、開発ライセンス10本(200万 x 10)、開発者1人採用50万。研究者1人採用70万。
基本システムライセンス変更133万(10,000 EUR/年)

【技術的なこと】
スマホはiOS、Androidのネイティブアプリで動きます。
ブラウザはモダンブラウザです。(Safariは次期バージョンから)
クライアント&サーバー構成で考えた場合、
クライアント側で撮したカメラ映像を、サーバー側でディープラーニングさせつつ、分類結果や検出した座標データなどをリアルタイムにクライアント側に戻します。
そのため当システムは通信方法に大きな特徴があります。
一般物体検出や姿勢推定だけでなく、シーン解析など、使う方次第で、今最先端の面白い推論ができます。

【希望調達金額】
すでに調達済みのものはございません。
1,000万円を希望します。2018/1月に500万、4月に500万調達できればと考えます。
AI Expoにも出展できる代物と考えますが、出展料や開発に専念するだけの資金がございません。サポートいただける方の期待に必ず応えたいと思います。

よろしくお願いいたします。


起業資金

1,000万円

起業家

gawaguu
性別 男性
住所 東京都
年齢 46歳
最終学歴 大学卒業
出身校 放送大学
資格 ソフトウェア開発技術者
経歴 株式会社リアルカ代表取締役 ノイアンドコンピューティング株式会社 (プログラマー) 株式会社EYG取締役 株式会社アドウィン (プログラマー)
職業 ソフトウェア開発技術者


▲ このページのトップへ