投資家募集を終了しました

マイニング専用サーバーで仮想通貨獲得ビジネス

掲載日 12月15日  IT・通信 

起業したい内容

【起業内容】
最近、仮想通貨という言葉をよく聞くようになりました。2017年は、仮想通貨元年とも言われ、ますます身近なものとなっていくのは確実です。しかも、急速に。

仮想通貨を採掘する『マイニング』とは、一言で言うと「真の仮想通貨で使われる技術『ブロックチェーン』に保存されている取引記録の承認作業」です。AさんからBさんにいくら移動したか、という取引情報をブロックに記録し、マイニングによってその取引が承認されます。

このブロックチェーンを利用した仮想通貨は、中央サーバーを持たずブロック状のパソコン(サーバー)のような分散型サーバーによって、動いています。ブロックチェーンは、ネットワークの参加者によって支えられているわけで、みんなのパソコンのパワーを少しずつわけあって、ブロックチェーンは作られています。
そして、パソコンのパワーを多く分けている人には、収入が入るという仕組みを利用するわけです。

上述の承認作業は、コンピューターの計算能力を使って行われます。具体的には、ハッシュ値というものを元にある条件を満たした数字を早く見つけ出す競争をします。その競争に勝った人(コンピューターが計算を頑張って一番早く計算を解いた人)に報酬が支払われるシステムになります。

ビットコインが発足した当初は、個人が所有しているパソコンでも十分にマイニングが可能でした。しかし、ビットコインの人気が上がるとともに、計算問題も超難問になってきたというのもありますし、企業やグループが大々的にマイニング分野に参入してきたという背景もあって、現在では個人のパソコン程度ではマイニング競争に勝つのは不可能に近いレベルになっています。

我々は、国内産のある仮想通貨をメインにマイニング専用マシーンを自ら用意し、初期段階では自らの設置場所にその専用マシーンを置いて、自ら管理運営してゆきます。
それには、ほとんど知られていない専門的な知識、ノーハウが必要となってきます。勿論、我々は、それらを持ち合わせているからこそ可能となります。

また、マイニングする仮想通貨は、国内発祥通貨ということもあり、2020年の東京五輪あたりには、現在の10倍近い値が付くのではといわれています。2018年に入り益々この市場は活気を浴び成長してゆきますので我々は、それ以上に伸びる可能性が大であると見込んでいます。まさに伸びしろを勘案したビジネスモデルも可能とするわけです。

2年目以降においては、更に大規模なマイニングファームを計画し、それまでに自社のマイニングプル化を実現させます。プールによりプール報酬も期待できるようになります。

マイニング専用マシーンはすぐに準備可能な状態で、設置場所の準備もまもなく完了します。2018年当初より、スタートできる状態になりましたので、今回の募集を開始させていただきました。

なお、マイニング専用マシーンンの管理には、大きなコストが必要です。
電気代をはじめ、空頭設備は最も重要で、24時間体制のメンテナンス対応も必要です。
それらの管理・運用は、一個人では不可能ですし、専門のノーハウが必要です。
我々は、その点に関してのプロとしてのノーハウを持ち合わせております。

予想収益


現在における1台当りの1か月の収益:4万~5万円
電気代が、25%前後かかり、その他の管理費用が必要です。
今後、更に価格が上昇すると思われるので、大きな伸びが期待できます。

当初は、10台程度からスタとしていきたいと思います。


起業資金

300万円

起業家

takarou
性別 男性
住所 東京都
年齢 52歳




▲ このページのトップへ