投資家募集を終了しました

日本の美容文化を世界へ発信「アジア美容研修アカデミー」海外販路開拓

掲載日 02月20日  健康・美容 

起業したい内容

【起業内容】
●B2C事業 外国人向けヘアサロン予約サイト
2016年7月より、外国人向け美容予約サイトの運営をしている。英語対応可能な都内トップサロンと提携し、特別限定価格で提供している。コンシェルジュが無料カウンセリングと予約手配を代行し、掲載サロンに予約手数料20%を課金。英語サイトにつき、30~40代の英語を母国語または公用語とする欧米とアジア圏からのアッパーミドル以上の客層が約6割、在日外国人が約4割利用している。トップサロンを掲載しているため、平均客単価は10,000円を超える。外国人のお客さまや取引先サロン様から、大変ご好評をいただいているが、事業成長に時間がかかり黒字化には至っていないため、今後大手ファッション関係の会社と協業で進める。


●B2B事業 アジア美容師向け美容技術研修
2018年春より、アジア向け美容研修事業を始動する。B2Cのサイト事業のトップサロンを講師とし、アジア各国の店長、ディレクター以上を対象にしたレベルの高い美容技術研修を開催。対象者を日本に招聘 して行う受入研修と、講師を現地に派遣して行う海外研修を展開する。


(今回の資金調達目的)
現在運営中のB2C事業「外国人向けの美容予約サイト」は、外国人のお客さまや取引先サロン様から、大変ご好評をいただいておりますが、事業成長に時間がかかっており、まだ黒字化できておりません。しかし、外国人向け美容予約サイトを運営してきたことで、海外美容研修事業を一緒に取り組めるサロン様との関係性を構築することができ、さらにアジア各国におけるサロン研修事業へのニーズを確信することができました。ひとつの会社として、より早くビジネスで結果を出したく、本事業への取り組みを決意しました。

(自己PR)
地元大学卒業後、大手情報メディア会社の美容専任第一期生として、ビューティマガジンの創刊に関わる。月刊40~50軒の美容室を担当し、美容サロンの売り上げアップに貢献。全国の営業 ランキングで新規受注件数、担当美容室軒数の上位ランキング入りをレギュラーで果たし、編集部の美容チーム を率いる美容リーダーを担当。3年半の任期満了まで勤務した後、上京。

美容業界屈指の出版社に入社。企画マーケティング部にて、 出版物・販促物の企画、大手美容メーカーおよび有名サロンのタイアップ企画取材ディレクション、広告営業、 ヘアイベントの企画運営に携わる。スポンサーの新規受注件数、営業実績ともに部署内で毎月トップとなり、 先輩上司を率いる広告営業リーダーと、アジア美容マーケット開拓を担当するアジア開発室を兼務。 8年間美容業界で出版企画業務に携わった後、2015年に美容業界にて新規事業立ち上のため退社。

一般と業界美容メディアの双方から美容市場をみてきた経験から、日本の美容文化を世界に発信するため、会社を設立。ビジネスコンセプトは、「日本の美容文化を世界に発信し、 日本の美容業界に新たなマー ケットを切り拓く」こと。外国人向け美容室の予約サイトの運営とアジア美容研修の2つの事業展開で、美容業界の活性化をはかる。


予想収益


●アジア現地開催の美容技術研修(3日間)

研修参加費1人あたり  5万円
最小催行人数  40名
売り上げ     200万円 
原価       150万
営業利益(1回開催あたり) 50万円

※原価内訳
・美容師とアシスタントギャラ
・スタッフ人件費   
・渡航滞在費3名       
・プロの美容通訳人件費
・美容協会ディプロマ発行料
・提携先への集客リベート


東京開催の美容技術研修(4日間)

研修参加費1人あたり  20万 ※宿泊渡航費別
最小催行人数  10名
売り上げ     200万 
原価       130万
営業利益(1回開催あたり) 70万

※原価内訳
・サロンでの美容体験施術料 
カットウイッグ提供    
・特別ディナー開催費        
・プロ通訳人件費        
・スタッフ人件費       
・美容師とアシスタントギャラ 
・プロの美容通訳人件費
・美容協会ディプロマ発行料
・提携先への集客リベート
・その他諸経費
        

これら2つの美容研修を、初年度は月間4〜6本開催。3年以内に月間20本を常時開催し、
美容研修事業のみで、年間1〜3億の売り上げを目指す。


起業資金

500万円

女性起業家

tbss
性別: 女性
住所: 東京都
年齢: 38歳
株式会社WAW
役職:経営者
会社設立:2016年
従業員:5人未満
資本金:500万円以上
事業内容
❶B2C事業 外国人向けヘアサロン予約サイト(現在運営中)、❷B2B事業 アジア美容師向け美容技術研修(新たに始動)




▲ このページのトップへ