電子書籍の売買システム

掲載日 2018年11月17日  IT・通信 

起業したい内容

【起業内容】
はじめまして。
見ていただきありがとうございます。
我々は、電子書籍を売買できる事業を考えました。
これまでの電子書籍は完全な売買ではなくあくまでデータはサーバーにあり、
それを消費者がレンタルするという形でした。
そのため、電子書籍は安価に販売することができました。
しかし、販売元の価格のつり上げにより髪の書籍と同じ程度の価格になってしまい、
撤退するビッグプレイヤーが出てきてブルーオーシャンができつつあります。
そこで我々は完全な所有権を消費者が持ち、電子書籍を売買できるシステムを考案しました。
このシステムは実現すれば様々なメディアに応用できるシステムだと自負しています。

予想収益


一年目は計算により約7億5000万円と予測しています。
しかし、何分システムが新しいため予測が難しいのが現状です。


起業資金

1,500万円

起業家

vulpestuumさん
性別 男性
住所 京都府
年齢 21歳