3Dプリンターなどを使用した海外向け事業会社設立資金

掲載日 01月07日  新ビジネス・商品 

起業内容

【起業内容】
3Dプリンター及びドローンを使用して立体的造形物およびエンターテイメントで使用できる映像およびデータ収集に特化した会社運営

予想収益


未知数
※今後発展および定着(常用)になる事業のため上限が見えません。
【事業詳細】
3Dプリンター事業は既にある程度定着しておりあらゆる分野でサンプルもしくは製品として定着しつつあります。この分野でいまから?ではなくある程度洗練されて来たからこそで今が時期と考えています。
定番ですとスマホケースやあらゆる小物類のサンプル(型)もとりいれますが、今後産業が右肩あがりと予想のつくペット産業での3Dプリンター活用事業を考えています。日本はもちろんですが海外を基本メインと考えています。
それもある程度の富裕層以上をターゲットと考えています。といってもいきなり富裕層以下は切り捨てません。絶対数が違いすぎるからです。
また、ドローン事業も同じく昨今ある程度実践的にこなれてきましたので活用時期と判断します。
ドローンは現状あらゆる分野で活用されています。
建築
映像
調査
etc
全ての分野にて今後ドローンがメインになる事は間違いがないくらいのものとなるはずです。
基本的には映像をメインに扱いますが映像からデータなどすべての基本を収集できます。
さらに3Dプリンターと会わせる事により今まで莫大な費用をついやしてきた建築関係やその他映像の副産物を低コストにて作成可能になります。
むろんペット産業におきましてもいままで出来ないアングルからの造形なども無限に可能となる事業です。
【当方に関しまして】
映像関連事業に従事して15年以上、大半をフリーランスにて活動してエンターテイメント業界及び建築などあらゆる分野でのロスなどを体験してきました。
どちらかと言えば悪い面を多くみてきましたし体験してきましたがその経験があればこそこちらに掲載させて頂きました。
事業の将来は未知数ではあります。
なぜなら今やらなければ確実に他者にもっていかれるからです。
こちらの事業を考えたのは『安定して儲ける』『業界で1番』
『地域活性化』などの目的があります。
こちらの事業が成功し安定すればお金はもちろんですが、地域の発展などもおのずとついて来る事業となります。
当方に関しましては名誉や地位は全く関心が御座いません。
そういった事に関心のある投資家様におかれましては充実したものになると考えています。

かかる費用は初期投資が規模が大きいのと開発費用です。構築できれば月、年間とわず経費はさほどかからぬ事業と考えています。

ご興味ご関心をおもち頂ける方は連絡先をを添えてご連絡ください。

また、下記の条件を満たせない方はご遠慮ください。
●お会いした際に身分を提示出来ない方
●守秘義務契約書に署名出来ない方
●最初からアイディアのみ欲しい方

宜しくお願い致します。


起業資金

5,000万円
起業家プロフィール
yume
性別: 男性
住所: 埼玉県
年齢: 43歳
最終学歴: 高等学校卒業
経歴: 映像制作フリーランスにて15年以上(主に編集)ネット商材・映画・CM・DVD 大手~団体などの内部映像制作や編集
職業: 映像制作




▲ このページのトップへ