白い顆粒に水を加えて大根おろしと、とろろ芋

掲載日 2014年04月02日  新ビジネス・商品 


起業内容


私は元広告カメラマンでした。食品の仕事が多く、4年程前から野菜と果物を顆粒化にして、冷水を加えると瞬時にペースト状になる製造方法を開発しました。〔特許登録済〕この製造方法はイチゴ、トマト、山芋、ニンニク等、冷水を加えると瞬時に味、香り、歯触りを復元できるペースト状になります。大根おろし、山芋、トマトジュース、イツ護ジュース等が得られます。製品化しましたが5年以上の賞味期限が可能で何時でも何処でも簡単に大根おろし等が得られます。今資金不足で続かず頓挫しています。市場規模は大きなリピートが予想されます。

詳細は http//www.arajin.co.jpに有ります。


予想収益


1998年中国で製造時の価格

1㎏ 2400円として
10g入りが24円で製造

30g入小袋の場合
1000gから 33袋出来る  1袋当り 約72円

50g入小袋の場合
1000gから 20袋出来る 1袋当り 約120円




◆ 販売益予測

2年後の年間販売予測 小売の場合
これをスーパー、コンビニで全国販売して年間販売例
「大根おろし」のみと唐辛子を加えた「もみじおろし」,わさびを加えた「辛味大根おろし」の小袋。
これに10倍~12倍の水を加えて使用する。

家庭用で1袋30g入り(コンビニ・スーパーで)
原価72円を粗利益率50%として108円で販売すると1袋利益が36円である
          年間710、000袋販売 販売価格は76.680.000円、粗利益25.560.000円  
販売店は108円に54円乗せて販売予想

家庭用で1袋50g入り(中小業務店用)  別紙参照
原価120円を粗利益率50%として180円で販売すると1袋利益が60円である
          年間530、000袋販売  販売価格は95.400.000円、粗利益31.800.000円 
販売店は180円に90円乗せて販売予想

2年後の年間販売予測 業務用の場合
2年後に年50トンの販売として
業務用・加工用として1kgあたり仕入れ価格2400円、
粗利益率13%として2.762円で販売すると1㎏利益720円。
72トン販売して販売価格は198.856.000円、粗利益は25.937.000円となる




起業資金

1,000万円

新居高行
性別 男性
住所 千葉県
年齢 66歳
最終学歴 高等学校卒業
出身校 田口高校