今までにない【女性集客に特化したマッチングアプリ】開発

掲載日 2020年03月17日  IT・通信 

起業したい内容

【起業内容】

現在私は、鑑定士として日々さまざまな悩みを抱えている相談者様の鑑定をしております。
少し前からよくマッチングアプリで出会った人との相談が多くなっていることに気づきました。
恋愛・結婚については男女問わず、悩みはつきもの。このマーケットは規模は大きいです。
現在も沢山のマッチングアプリが世に出回っていますが、アイデア次第でまだまだ参入しやすく、利益を出せれると思います。
~姓名判断×マッチングアプリ
お互いのフィーリングはもちろん、価値観など、最高のパートナーを探すための最大の近道として占いを使わない手はないと思います。
占いは統計学のひとつです。子供の名前を付ける時、ほとんどの人は姓名判断を利用すると思います。
姓名にはその人の運命を大きく左右できるもの。特に女性は姓が変わることで、運勢が著しく悪くなってしまうこともしばしば。。
マッチングに姓名判断をいれることでこれまでとはひと味違う出会いが期待できると思います。


成長可能な婚活ビジネス
社会問題になっている「少子化」。その原因は何といっても「未婚者が多い」に尽きます。要因はいろいろありますが
下記のグラフでも分かるように特に女性 25-29 歳、男性 30-34 歳の未婚率上昇は著しい状況。 また、平均初婚年齢も近年は増加傾向にあり、2003 年には男女ともに過去最 高の水準となっています。
生涯未婚率においては、2000年から10年で2倍に増加しており、晩婚化・非婚化が一般的になっています。今後このまま未婚率が上昇し続けると2030年には、3人に1人が「一生独身」となります。

占い・スプリチュアル市場
今や占い市場は年間1兆円を超える超巨大市場となっています。
朝、テレビをつけていると目に入ってくる星座占いや血液型占い、雑誌の後ろにも必ず占いコーナーが設けられています。一切興味がない人であっても、日常生活を送っているだけで占いに接する機会は多いでしょう。
元旦には神宮、神社への参拝は恒例行事となっています。近年はパワースポット巡りなど、人々の幸福への願いは、いつの時も続きます。このことは占いと関連性がないとは決して言い難いものです。
私達にとって占いとは、もはや当たり前のアイテムとなっています。

オンライン結婚・恋愛
マッチングサービスの市場
近年SNSの普及ににより、気軽にオンライン上で恋愛対象となる異性を求めることに対する不安や抵抗が薄れ、また効率的に気軽な出会いを求めることが社会的な認知を得つつあり、2013年頃より、スマートフォンアプリやFacebookの機能を活用したマッチングサービスの利用が多くのユーザーの支持を得て、同年後半から2014年にかけて急速な需要の拡大がみられます。これらのサービスは、従来のコアユーザー層である20代後半から30代のほかに、20代前半の若年層も取り込み、市場の拡大をけん引しています。



予想収益

10万ダウンロードで1億円の収益予想


※追記

事業計画書を完成することが出来ました。システムエンジニアについてはご協力して下さる方々が既に在籍しております。

融資についてお話を聞いていただける投資家様、ご連絡お待ちしています。

supilove1111★outlook.comまでご連絡をいただけると幸いです。

(★はアットマークに変換お願いいたします。)


起業資金

1,500万円

女性起業家

平 清乃さん
性別 女性
住所 東京都
年齢 42歳
最終学歴 高等専門学校卒業
資格 上級心理カウンセラー 秘書検定2級 民間フラワーデザイン資格 メディカルアロマ
経歴 事務職10年以上 接客、営業3年 コールセンター業務3年
職業 フリーランス


【女性】関連度の高い起業案件
困っていて悩んでいる若い女性 抜けたいけど抜け出せない女性 誇りに思い270 View( 阿部達也さん)
【20代前半女性】【ソロアーティスト活動】【初期投資金をご支援頂ければ616 View( 舞うさん)
FTMとバイ(女性)カップルの飲み屋開業92 View( 長谷川奏多さん)
【マッチングアプリ】関連度の高い起業案件
マッチングアプリと相席屋の間をいく最強アプリ322 View( 城戸拓也さん)
『友達』を作る為のマッチングアプリ 開発452 View( Y.Matsuiさん)
雪国の暮らしを変える除雪マッチングアプリ「Snow Bell」開発に伴358 View( 引地祥太さん)