女性を犯罪やストレスから守る可愛いペットロボットの開発

掲載日 2020年06月11日  新ビジネス・商品 

起業したい内容

【ご挨拶】

出資をお考えの投資家


はじめまして。株式会社grigryの石川加奈子と申します。

本日は、数ある投資依頼案件の中から、本案件をご覧いただき誠にありがとうございます。

株式会社grigryは、女性を負のストレス(Bad Stress)から解放して、女性がより自由に、自分らしく、人生を楽しめる世界の実現を目指しています。


私の考える自由とは、「選択肢があること」です。

実際に選択肢がない場合や、心理的な足枷から選択肢が見えなくなっている場合など、個人の置かれた状況は千差万別ですが、私は選択肢を増やすお手伝いをしていきたいと思っています。

自分の意志で前向きに人生を選択し、人生を謳歌する女性が増えれば、この世界は今よりももっとより良い場所になると信じています。

そのために、私にできることを精一杯取り組んでいきたいと思っていますので、ご検討の程、どうぞ宜しくお願い致します。



【起業内容】

1.事業概要

女性が社会で遭遇する犯罪やストレスから心身を守り笑顔をサポートする可愛いお守りペットロボットの開発


2.ターゲット市場

女性(や子供)の安全・安心を守るプロダクト市場。これは日本に限定されません。寧ろ、日本よりも女性の安全が脅かされている国があると思いますが、日本での成功が世界の市場に展開可能であると考えております。


3.解決したい課題

いざという時に身を守る効果的な手段(選択肢)を大人の女性は殆ど持っていないこと


私は、女性を負のストレスから解放し、より自由に、自分らしく、人生を楽しめる世界を実現したいと思っています。そこで現在、心身に悪影響を及ぼす恐れのある「日常生活のストレス」と、深刻なトラウマとなりうる性的被害などの「身の危険」、この2つに焦点を当て、これらの課題解決に取り組んでいます。


私自身、これまで何度か性犯罪被害に遭っており、ある程度時間が経過した今でもトラウマとなって残っています。最悪な状況に至らないために、警察は大人の女性にも防犯ブザーの携帯を推奨し啓発活動を行っていますが、現実には、きちんと鞄の外側に携帯している人は1%未満に留まっています。

今年セコムが行った「女性の『安全・安心』に関する意識調査」では、5割以上の女性が、女性が巻き込まれる犯罪被害に関して不安を感じており、なんと3割以上が実際に犯罪被害を経験しているという結果が出ました。そして驚くべきことに、犯罪被害にあった時の対応に関しましては、半数の人が「何もできなかった」と答えています。しかも「護身グッズや防犯グッズを活用した」と回答した人はゼロでした。

つまり、女性は、いざ性犯罪被害に遭いそうになった時に、自身の身を守る効果的な手段を今は持っていないというのが現状です。

そこで私は、万が一の時に身を守れる手段をできるだけ多くの女性に与えたいと、そう強く思い、女性の心と体を守る新しいアイテムの開発を進めています。



4.なぜこの事業を始めたいと思ったのか

「もしもの時にどうすればいいのか」。過去に性犯罪被害に遭った私は常に考えてきました。催涙スプレーとスタンガンは今でも枕元に置いています。ただ、防犯ブザーだけは、購入したものの、過去に被害に遭った私でさえ毎日携帯することが出来ておらず、外出の際、万一の時に自身の身を守る効果的な手段がなく、いささか不安を抱えています。どうすればこの課題を解決できるのかと自身に問いかけ続けてきた一つの答えがこの事業になります。

昨年の国内における強制性交等の認知件数は1,405件と過去3年間増え続けています。性犯罪は暗数の大きい犯罪であり、警察への通報率は20.1%。実際には、昨年1年間で7,000人を超える女性がレイプ被害に遭っている計算になります(1日約19件)。さらに世界に目を向ければ、毎日多くの女性がこれらの犯罪により傷ついています。

この事業を通じて一人でも多くの女性がこれらの犯罪被害から身を守ることが出来、傷つく人が減ることを強く願っています。また、その結果、私の苦い経験が誰かの役に立つことで意義を見出すことができると思い、この事業を前進させていきたいと強く思っています。


5.主要ターゲット

◯ 商品を利用するターゲット:

高校生30代の女性、コアターゲットは10代後半〜20代前半の女性

(将来的には、性犯罪が深刻なインド韓国など、他の国々への展開も企図)

この年代をターゲットにしている理由は、強制性交や強制わいせつ、痴漢の被害者の全体の80%以上が10代〜30代の女性で占められているからです。そのため、特に若い女性をターゲットとして設定しています。

また、日常生活のストレスに関しましても、若い女性は、男性や他の年代の女性よりもストレスをペインとして抱えているという調査結果もあります。


◯ 商品を購入する意思決定者:

上記ターゲット女性と「(親、恋人など)大切な人を危険から守りたい」と考える人々


6.課題解決方法:どのような商品・サービスを提供するのか

◯ 現状:

従来の防犯アイテムは、機能面での進化はあっても、考え方が殆ど進化しておらず、また防犯ブザー等のツールを持ち歩く人は1%未満に留まっている。その結果、性犯罪の防犯効果が薄い。


◯ 解決方法:

「大人の女性が防犯ブザーを携帯していない」背景には、「もしもの時のためのものを毎日携帯するのは面倒くさい」ということと、「漠然とした不安感はあり必要性は認識しつつも切迫した目の前の危機ではないので忘れがちになってしまう」といったような心理があります。そのため、ユーザーにとって、防犯を主目的としない、毎日携帯したくなるような可愛らしい商品を開発して、それに防犯機能も付加するというアプローチを取ります。

詳しい商品やサービスの内容、マネタイズ方法につきましては、本案件にご関心のある投資家様にのみお話をさせて頂きたく存じます。


7.このビジネスがヒットする要件

本商品を多くの女性に持ってもらう事を、スピード感を持って立ち上げと同時に一気に進めることが最大の課題です。

本ビジネスにおける事業の成功とは、①性犯罪被害に遭いそうになった時に、誰もが身を守る効果的な手段・ツールを持っている状況を実現すること、②ビジネスとして収益を確保し、経済的基盤を確保する事の2つにあると考えていますが、これらを実現するためには、本商品がいち早く市場の圧倒的なシェアを獲得することが必要不可欠です。

解決方法につきましても考えがございますが、こちらにつきましても、本案件にご関心のある投資家様にのみお話をさせて頂ければと存じます。


8.市場規模

1.27兆円

市場規模の算出にあたり利用した参考数値

15歳〜39歳の女性の人口(H29/日本):1,639万3000人

10歳〜39歳の女性の人口(2020/インド):3億3,499万人

10歳〜39歳の女性の人口(2020/米国):6,545万人

15歳〜39歳の女性の人口(2020/韓国):772万人


9.事業の進捗状況

  • ・ モックアップ(製品の外観モデル)は作成済
  • ・ 本格的な試作品の開発に移行するための資金調達を現在進めているところ
  • ・ 第6回女性起業チャレンジ制度 グランプリ受賞



予想収益

  • ・ 本商品を2021年6月にマーケットリリースしたと仮定した場合の売上予測
  • ・ 1年目とは2021年6月時点

1年目3年目5年目
売上268万8,000円8億3,671万5,200円34億6,864万3,200円
支出3,942万6,500円4億1,620万9,960円11億4,248万760円
経常利益-3,673万8,500円4億2,050万5,240円23億2,616万2,440円


起業資金

1,000万円

女性起業家

石川 加奈子さん
性別 女性
住所 東京都
年齢 39歳
株式会社grigry
役職 経営者
会社設立 2019年
従業員 5人未満
資本金 500万円以上
年間売上 500万円未満
事業内容
女性がより自由に自分らしく人生を楽しめる世界の実現と彼女たちの潜在的な能力を引き出す事が目的。本目的達成の為に深刻なトラウマとなる性的被害や心身に悪影響を及ぼすストレスから女性の心と体を守る商品を開発。


【女性】関連度の高い起業案件
女性コスメのOEM33 View( jobsさん)
女性下着通信販売(オシャレでかわいい下着)117 View( 中村幸与さん)
☆☆25歳女性オーナーの開業するデリヘル☆☆398 View( 四方美樹さん)
★22歳、女性だけで銀座サロンバーを経営しています 出資者,共同経営者1372 View( danachanさん)
【女性限定】Webテレビのビジネスパートナー募集!361 View( tsucchanさん)
【ペット】関連度の高い起業案件
ブリーダー直売のペットショップの開店169 View( 野畑 豪さん)
ペット事業☆彡 ペットホテル 要介護老犬ホーム開業194 View( shokoさん)
ペットのトリミングとネイルマッサージが一緒にできる店の開業465 View( sakura541224さん)
ペットショップの熱帯魚ネット通販856 View( green8Japanさん)
ペット関連新商品の事業を幅広く立ち上げたいです。116 View( 田端留美子さん)