鮮魚販売・流通事業 BtoB、BtoCを兼ね備えたビジネスモデル

掲載日 2014年12月21日  新ビジネス・商品 

起業したい内容

はじめまして。

人脈、協力者など準備は整っています。
是非よろしくお願いいたします。


【起業内容】
日本では初となる「遊漁船(釣り船)から直接魚を販売」する販売システム・流通事業です。
同時に鮮魚専門店も開店することで、遊漁船→店舗、遊漁船→お客様、店舗→お客様、とBtoBとBtoCを兼ね備えた事業展開を行います。

東京都では、漁師が直売できるサイトが開設され人気を博しています。
今回は漁師ではなく、遊漁船とすることで、釣りブームにおける事業を展開します。
遊漁船に乗船する釣り人は、釣りすぎた魚を販売し、当日の乗船代を捻出できます。
遊漁船は釣った魚を販売できることを集客の売りとすることができます。
魚を買い求める人は、安価で新鮮な魚が当日もしくは翌日に手元に届きますし、鮮魚専門店で希望の処理を施して受け取ることも可能です。

遊漁船登録数が1,000隻を越え、顧客の囲い込みに必死となる遊漁船への利益も大きく、遊漁船業者、釣り人、買い手全てのニーズを叶えるものです。


【投資内訳・起業必要物】
希望融資額:6,000万円


【内訳】
・専門店開店費:800万円
店舗、設備費用です。

・設備費:2,800万円
システム開発、遊漁船へのタブレット等メインシステム設置・開発です。

・広告宣伝費:1,000万円
インターネット広告、ポスター制作、SNSページ作成、ラジオ広告、業界関連誌広告です。

・人件費:1,200万円(6ヶ月分)
開発スタッフ2名、営業スタッフ1名、専門店スタッフ5名です。

・雑費:200万円
手数料や保険料などを含みます。


※詳しい費用の内訳やそれらが必要となる理由は、事業計画書でご確認頂くことも可能です。


予想収益


開発が完了する半年以降で収益が上がります。
・6ヶ月後から12ヶ月後の利益計画:350万円/月
・2年目の利益計画:420万円/月
・3年目の利益計画:504万円/月
・4年目の利益計画:605万円/月
・5年後の利益計画:726万円/月


投資家様への還元方法】
上記収益計画を最低ノルマとして、6ヶ月後から利益額の25%でお願いします。
月次の試算表を提出することでご確認いただきます。
5年間の計が最低7,290万円となります。


上記以外での還元方法はご相談の上決定とさせてください。


起業家自己PR】
趣味の魚釣りで遊漁船に乗船します。
釣れ過ぎたとき、釣りは好きだけど魚は食さない、など魚を売れたらいいのに、
と言った声をよく耳にしました。
さらに、釣った魚は知人には大変喜ばれます。
販売するお店、居酒屋などでは釣り魚は他に比べて高価でもあります。

本事業は、このようなこれまでの経験を元に、多くの現場の声を拾い上げ、
多くの協力者のおかげで練り上げることができました。

ビジネスモデルとしても、BtoBとBtoCを兼ね備えています。

広く社会貢献ができ、広く普及させるために、このように投資家様を募り、共にビジネスを発展させていきたい

という気持ちへとなりました。

大金を投資希望としておりますが、必ず投資額以上の還元、そしてお金以外にも今後末永いお付き合いが出来ましたら幸いでございます。


どうか投資家様のお力をお貸し頂き、共に夢を実現しましょう!

よろしくお願いいたします。


起業資金

1,500万円

起業家

aki56329 さん
性別 男性
住所 福岡県
年齢 33歳