ドイツでマンガ喫茶拡大

掲載日 2015年03月19日  飲食店 

起業したい内容

【起業内容】
初めまして。ご多忙の中、大変恐縮ですがご一読頂けるとご幸甚に存じます。
既にドイツデュッセルドルフにてマンガ喫茶を開業して半年になります。
ドイツ初のマンガ喫茶ということで多くのメディアにも取り上げられ、5月のヨーロッパ最大の日本関連イベント「日本デー」に合わせて既に2件の取材依頼も来ており、売り上げは緩やかながら上がってきておりますが、営業許可が下りず開店時期が遅れたこと、工事費用が当初の見積より大幅アップしたことが原因で、黒字化まで体力的に厳しい状況です。

まずは当店の経営健全化が急務となりますが、今後、マンガのデータ化に因る顧客離れが予想されるため、それに対応するビジネスを計画しております。
それは、ヨーロッパで日本のマンガの版権を持っている会社と提携し、ドイツ語マンガをデータ化し、当店のサーバーに保存し、ドイツ中にあるインターネットカフェと契約してそこでマンガを閲覧できるようにするということです。収入は、最初の契約料と月々の更新料で、支出は版権元への著作権使用料です。
その版権を持っている会社には日本人の知り合いもおり、まずはその方を通してマンガのデータ化の許可を得なければなりません。
日本語のマンガをこちらで閲覧できるようにすることは、取り締まる法律がないため違法ではありません。

ドイツでもインターネットカフェは先細り傾向にあるため、マンガに因る集客ができればフランチャイズの要領で広げていくことが出来ると考えております。データ化した大量のマンガを気軽にインターネットカフェで読むことができるようにすることで、違法なデータ化も少なくなることが考えられ、それにより版権元も細かくチェックする必要がなくなることで人件費の削減にもつながります。

当店はマンガに関してはドイツで最も多くの冊数を保持していると考えられ、以上のビジネスはドイツでは当店しか出来ないことだと考えております。
尚、自己資金の2000万円は既存店舗に投入した資金です。

是非前向きにご検討頂きますよう、何卒よろしくお願い致します。


予想収益


初年はマンガ電子化、インターネットカフェとの契約に時間を要するため▲700万円

一年後
収入
契約料 50万円×15店舗=750万円
月々更新料 3万円×12ヶ月×15店舗=540万円

支出
著作権使用料 1万5千円×12ヶ月=1万8千円
人件費 20万円×12ヶ月=240万円


起業資金

1,000万円

起業家

miz900さん
性別 男性
住所 海外
年齢 39歳


【ドイツ】関連度の高い起業案件
日本初上陸ドイツビールの輸入とビアフェスや野外フェスへの出店444 View( tomohiro2185さん)
ドイツ式フットケアで日本一を目指します!1134 View( foot2525さん)
ドイツ式フットケア関連会社8 View( foot2525さん)