あくまでも英語保育 ニーズは高い やり方次第で大成功する。

掲載日 2016年06月27日  教育・学校 

起業したい内容

【起業内容】

英語保育の保育園。ただし、形態は幼児英語教室の体裁をとるが、
同時に無認可の保育施設とし、将来的には早朝間保育まで考えている。
また、英語だけではなく、中国語も同時に学ぶことも可能にする。

最初は小さいところを借りて週2回とか週3回とか、で始めてもいいと思っている。

メインの場所は京都府八幡市松井山手、この周辺でこれ以上の場所はない。
競合が少なく(ほとんどなし)、ニーズが高く、高所得者層が多くいる。
地代が高いので、間借りになるか、周辺の土地に妥協するか、そういう問題。

周辺では津田地区に、小さく間借りすることも、200坪くらいの大きな敷地まで、
開発の余地は大きい。行けると思えばとことん行ける素地があるのです。

しかしながら、運営で最も大切なのは、保護者への対応と、子供たちへの対応の2つ。
保護者とは日英中のいずれかで対応し、子供たちとは原則英語、
子供たちは準ネイティブとして扱う。
また、場合によっては保護者も参加したり、保護者向けプログラムも可能にする。



予想収益



客単価 週5日の場合で75000円~ 週2回の場合で30000円程度~
1クラスは12名を定員として、2クラス以上。生徒数で収益は増減する。
4クラスあるとして、120万程度の収益になる見込み。

小規模2クラス程度24名で、40万程度、この程度なら希望資金は半額500万以下でも
可能になってくる。


起業資金

500万円

起業家

skmkabcさん
性別 男性
住所 大阪府
年齢 48歳
最終学歴 大学卒業
出身校 国立東京農工大学
資格 普通自動車免許 自動二輪車運転免許 韓国語検定試験1級 TOEIC 840(1990年) 関西外国語大学を92年に卒業、東京農工大学を99年に卒業。
経歴 異色の国語教師歴20年以上。塾予備校で主に高校生を対象に国語現代文・古文 ・漢文・小論文を教える。 数年間、研究職(電熱工学)をやっておりました。 16歳からのクリスチャン、英語、日本語を話す。 自宅では中国語も話す。以前は韓国語も話していた。
職業 予備校講師【現代文・古文・漢文・小論文】