営業報告アプリの制作

掲載日 2016年07月21日  IT・通信 

起業したい内容

【起業内容】
対象は営業部を有する全法人です。
重要な商談から、種まき営業まで、基本的に営業はFace to faceで行います。
しかしながら、私自身経験がありますが、一息つくために行ったことにしたりとか、打ち合わせ内容を2回に分けたりして、いわゆるサボりが蔓延している企業も少なくないでしょう。
そこで、営業報告のアプリを開発したいと思っています。

ポイントは、
・企業ごとにカスタマイズができる
・名刺データの取り込み、共有ができる
・上司の確認、承認済みかどうかなど目視できる
その他、今までにない機能をつけたいと思ってます。

報告アプリの活用により、報告のために双方に時間を作る必要なくなるので、効率的に業務が行えるというメリットがあります。報告のための帰社に対する移動時間、報告をするタイミングを見計らう時間のロスなど考えると、例として1時間2人の人員の人件費ロスがあれば相当に会社経費ということになります。


予想収益


アプリ導入費用 5万円としても、対象が営業部を有する法人の全てですので十分リクープできます。


起業資金

1,000万円

起業家

kawakamiyoshihiro さん
性別 男性
住所 埼玉県
年齢 32歳


【アプリ】関連度の高い起業案件
10年後の学生:「社畜ってなんだっけ?」アプリ内通貨を利用したイベント39 View( fissureさん)
仮想通貨高速アービトラージシステム完成 スマートフォンアプリ化への投資51 View( takehiko0122さん)
ヒーリング・サウンド・アプリ(iOS、Android)のPRにご協力く59 View( vividproductionsさん)
WEBアプリ開発とファンド資金68 View( shdenkenさん)
【アプリ事業】”個性の時代”を象徴するアプリの制作238 View( nnnnさん)
AIRBNB、UBERのようなシェアエコアプリ スタートアップ242 View( infinityさん)