アパレルセレクトショップ事業

掲載日 08月27日  販売・ショップ 

起業したい内容

【起業内容】
アパレルネット通販事業での起業をします。


現状を記載します。

○会社設立済み(合同会社)スタッフは投稿者のみ
協力者、協力法人は別にいますが固定費は掛からず、
必要とあらば単発の案件契約で仕事を依頼出来る関係です。

○自己資金550万円→仕入れに使用したため在庫に変わっています。
在庫数9千点 上代の定価換算で約1億円少々の在庫価値となります。

定価で売る予定はなく、また通常は定価で売れる事はなく、
ユーザーが安く感じる価格帯として、上代の35%~40%で売る事を想定しています。
販売価格の根拠として一般的なアパレルの原価率が約30%~50%なのが理由です。


○実店舗に使える物件を無料で貸してくれる仲間が居ます。
(実店舗を構えるメリットを感じないので、あくまで選択肢として用意)

○販売先のネットショッピングモールとも契約済み
(現在1社、最終予定4社の見通し)

ネット通販の売上は
1.「おまけ」2.「宣伝」3.「商品写真」から決まると認識しています。
購入者にポイント還元している所などは1のおまけに該当すると考えています。


自分一人での場合は、宣伝せずとも何とか売上でやっていける状況なのですが、
在庫を長期で抱えたくない考えなので、宣伝を使い短期間で現状の在庫を販売したい意向です。
1のおまけの部分は資金提供者との相談になりますが、
(既存在庫をおまけに付ける等)
3の商品写真は協力者がいる関係で問題を解決済みです。


予想収益



単年度(現状の在庫)で来年4月までに売り捌く前提で5千万です。

希望資金は額面が500万円となっていますが、希望投資金額は400万円です。
同額の融資でも構いません。

事業として失敗時の話も記載しておくと、
上代で定価換算で1億の金額分による在庫がありますので…
リサイクルショップや回収業者、同業への卸売り等、利益がゼロ円で終わることは
避けられる案件だと考えています。



起業資金

500万円

起業家

workwork
性別 男性
住所 広島県
年齢 41歳
最終学歴 大学卒業
資格 行政書士、日商簿記2級、離婚カウンセラー
経歴 広告業で10年以上 士業で3年以上
職業 行政書士
▲ このページのトップへ