目次

エステの開業資金はいくら?

エステの開業資金は300万円〜500万円が目安となります。

項目 金額
敷金、礼金 24万円
家賃(8万)1年分 96万円
内装工事諸費用(電気、ガス、水道回りの整備) 20円
設備・備品導入費用(シーツ、カバー類等) 57万円
消耗品費 8万円
広告宣伝費(チラシ、HP作成) 55万円
運転資金(家賃の5か月分を想定) 40万円
合計 300万円

エステ経営の年収はいくら?

一般的には300万円~400万円程度です。
経営者の場合は年収1,000万円を超える人は多数います。

エステ開業で失敗しないコツ

エステ開業で失敗しないための方法

ターゲットを絞り込む

ターゲットの絞り込みとは、あなたのエステサロンで“どんな人に”美しくなってほしいかを考えることです。
ターゲットの絞り込みが出来れば、戦略を組み立てやすくなります。

エステのコンセプトを決める

コンセプトとは、あなたが作るエステサロンの考え方や目指すものです。
「①誰に ②どんなサービスを ③どのようにして提供し ④どうなってもらうか」に当てはめて考えると具現化しやすいでしょう。

市場規模と商圏を把握する

時代のニーズによって必要な機器やサービス、適正な価格は変化します。
ターゲット、コンセプトに合った商圏エリアに出店計画やサービス内容を決めましょう。

エステを居抜き物件で開業する

エステを居抜き物件で購入すれば
激安で開業することが出来ます。

エステの事業譲渡

エステの事業を買取りすることで安く開業することが出来ます。
M&Aサイトを活用することでエステを売却したい企業を効率よく探せます。

エステの起業セミナー

エステの起業セミナーで成功ノウハウを学ぶ。

エステの開業資金の助成金

集め方内容
補助金/助成金
  • 創業助成事業
  • 小規模事業者持続化補助金

エステの開業資金の融資

集め方内容
融資
融資以外
借り入れ審査が通らない場合
グッドエンジェルなら「エンジェル投資家」から投資を受けることが出来ます。

エステ関連のコラム

メンズエステの開業資金と必要な資格
エステサロンは儲かる?経営者の年収を徹底調査