目次

ダーツバーの開業資金

ダーツバーの開業資金は200万〜500万円。
ダーツバーのランニングコストは月50万円になります。

ダーツバーの開業資金(200万~500万)
・物件の取得費用
・内装費用
・グラスや皿などの購入費用
・消耗品の購入費用
・ダーツ機の導入費用(リース)

ダーツバーのランニングコスト(月50万円)
・家賃
・水道光熱費
・消耗品費
・製氷機や冷蔵庫のダーツのリース費
・宣伝広告料

デジタルダーツが風営法から外れました

デジタルダーツが風営法から外れるとビジネスチャンスになります。

ダーツマシンを好きに置ける&深夜営業が可能

これまでは基本的にどちらかを取らなければいけない状況でした。
ダーツマシンを複数置きたければ、客席面積の10%以上を超えてしまい
深夜営業はできなくなる。
かといって深夜営業をしたければ(別の申請も必要)
風営法の範囲にかかる、面積以上のダーツマシンは置けない。
あちらを立てればといった状況だったのが、なくなります。
一番大きいのは比較的坪数の小さいお店でもダーツマシンが置けるようになったことですかね。

新しくお店を出したい場合地域による制限を受けない

これまで学校や病院、住宅街の近くにはダーツマシンは置けませんでした。
それがなくなるので今後は比較的自由にお店を出店できることになります。
つまり、ダーツがあまりなじみのなかった地域にも
ダーツを広めることができるという訳です。

大会賞金を出すハードルが今よりも下がる

こちらについては
「刑法賭博罪」
「景表法(不当景品類及び不当表示防止法)」
「風営法」
と様々な問題が絡み合っているので全てを説明することはしませんが、
頭を悩ませていた「風営法」がなくなる事で
全国各地での賞金の絡む大会の開催が簡単になります。
デジタルダーツが風営法から外れる

ダーツバーで儲ける3つのノウハウ

ターゲットを絞り込む

ターゲットの絞り込みとは、あなたはダーツバーで“どんな客に”来てほしいかを考えることです。
ターゲットの絞り込みが出来れば、戦略を組み立てやすくなります。

ダーツバーのコンセプトを決める

コンセプトとは、ダーツバーの考え方や目指すものです。
「①誰に ②どんなサービスを ③どのようにして提供し ④どうなってもらうか」に当てはめて考えると具現化しやすいでしょう。

市場と商圏を把握する

時代のニーズによって必要な機器やサービス、適正な価格は変化します。
ターゲット、コンセプトに合った商圏エリアでダーツバーを開店し計画やサービス内容を決めましょう。

ダーツバーの開業資金を投資します

銀行融資の借り入れ審査が通らない場合でも
グッドエンジェルなら「エンジェル投資家」から投資を受けることが出来ます。

ダーツバーを居抜き物件で開業する

ダーツバーを居抜き物件で購入すれば
激安で開業することが出来ます。

ダーツバーの事業譲渡

ダーツバーの事業を買取りすることで安く開業することが出来ます。
M&Aサイトを活用することでダーツバーを売却したい企業を効率よく探せます。

ダーツバーの起業セミナー

ダーツバーの起業セミナーで成功ノウハウを学ぶ。

ダーツバーの開業資金の助成金

集め方内容
補助金/助成金
  • 創業助成事業
  • 小規模事業者持続化補助金

ダーツバーの開業資金の融資

集め方内容
融資
融資以外
資金を借りることが出来ない場合
グッドエンジェルなら「エンジェル投資家」から投資を受けることが出来ます。