Activityのシェアリングエコノミー

掲載日 2015年08月30日  IT・通信 

起業したい内容

【起業内容】
訪日外国人向けのWeb/アプリプラットフォームサービスです。

私の趣味である国際交流を通じて、このアイデアが生まれました。

その国・地域の文化や考え方は、その土地の人々と話したり交流したりすることでより深く理解できますよね。
そこで、私は日本を訪れた外国人に、ホテルや店員だけでなく、生の日本人と交流できるサービスを提供することで、リアルな日本人に接して欲しいと思いました。
例えば、書道や折り紙といった日本の伝統的な体験は、プロでなくても教えられます。むしろ、既存の堅苦しいかたちの体験教室ではなく、リラックスした雰囲気で普通の日本人と会話を楽しみながら体験できるのが、利点だと考えています。

コンテンツに関しては、日本人と一緒にご飯を食べたり居酒屋に行ったりといったことも可能だと考えています。そこは、サービスを運営していく中で、柔軟に対応していきます。

これまで、仲間と合わせて110人の外国人にインタビュー調査をし、仮説検証を繰り返してきました。その結果として、彼らが現地人とのカジュアルなコミュニケーションを求めていることをつかみました。

ビジネスモデルは各activityの料金の30%を手数料として我々がもらう仕組みです。70%は体験提供者のHostに支払われます。

将来的には、Touristのbigdataを売ることも可能かと考えております。また、訪日外国人のみならず、世界にも広げていきたいです。

現在は仲間と二人です。シリコンバレーでこれまで4社のスタートアップの立ち上げ・経営をしてきたでメンターがいます。彼は2度のIPO、1社はCiscoに売却の経験があります。私がSRI Internationalに研修に行った時に知り合いました。日本にも26年日本政策投資銀行に勤務したfinanceの知識・経験が豊富なメンターがいます。

予想収益


1年目、2年目は赤字の予測です。3年目から黒字化し、3300万円の純利益が出る予測です。5年目で純利益で1億9600万円の予測です。

2020年の東京五輪は特に大きなビジネスチャンスだと考えています。


起業資金

300万円

起業家

yasushi100さん
性別 男性
住所 東京都
年齢 22歳