世界初の楽器用弱音器の国際販売

掲載日 2017年12月27日  新ビジネス・商品 

起業したい内容

【事業内容】

とある楽器用に「世界初の弱音器」を発明、日本で特許を取得し2017に商品化―弱音ニーズは世界共通!世界展開を目指します!

弊社は、プロ翻訳家の代表と、プロ音楽家の取締役との2名で事業を展開している小さな企業です。事業としては「翻訳」「音楽イベント企画」「物販」の3部門があり、現在は、今まで事業の柱であった翻訳部門への依存・労働集約型から脱却することを目指し、後者2部門に注力しています。

今後は、弊社取締役のプロ奏者が持つ「ステージ経験」、「講師として確かな知識と実績」、「自身の技術力を商品化する創造性」と、プロの翻訳家である私の語学力(日英)および協力者の語学力(日韓)を土台に、様々なオリジナル商品の開発を行い、世界展開に着手しました。
海外戦略においては、アマゾンUSに出品(メキシコ、カナダを含む)、アマゾン中国も視野にいれ、著名な業界のユーチューバ―(当該楽器に特化したファン登録者20万人以上)と提携して販促していきます。

同時に、高齢者が主軸となっていることで先細りが懸念される日本の当該業界に若い方々を引き込むべく、弊社プロ奏者の斬新な演奏スタイルを推進して、市場の若年化・活性化の一助になることを目指します。

2017年2月の発売時は、弱音器は好調なスタートを切りましたが、当該楽器の愛好家の9割が高齢者であることから、それ以降、ネットでの販売に限界が生じました。そのため、対面での販売に切り替え、全国の小売店に扱っていただけるようになりました。しかし世界初の概念であるため、店頭担当者の商品理解が浅く、実売になかなかつながりません。商品研修が不可欠であり、そのための資金を確保し、店舗担当者用の商品ガイドの提供やワークショップの全国展開を行うことが今後の売上増加には不可欠です。また当該弱音器は、その他の吹奏楽器に適用可能なので、他の楽器にも適用できる潜在性を秘めており、教育機関へアプローチする道へとつながる可能性もあります。お蔭さまで、海外からも引き合いをいただいていますが、弊社2名での対応なので、対応しきれていません。全体的にマンパワーの不足の問題も解消したいと思っています。

長期的には、音楽コミュニティ「アツマルキ」を立ち上げ、”ここにくれば仲間がいて、いろいろな情報が得られ、交流できる”、みんなが集まる場所”―というオウンドメディアを構築し、販売、企画、顧客の囲い込みを完結します。

【必要資金の内訳】

○営業・事務担当者2名 1年分の人件費 380万円 (アルバイト1年分)
ウェブ展開、小売店個別訪問、ワークショップ企、翻訳などを担当)

○国際特許取得にかかる費用   500万円~
(日本を含め、7カ国に数件の特許を出願中)

○運転資金 事務所維持費    360万円 (2年分)
仕入れ            100万円
○販促・研修費         360万円
○新製品の開発費および金型費  1000万円

合計 2700万~(特許審査状況により変動)

上記の必要資金のうち、1000万円のご支援を賜りたく、御願い申し上げます。

予想収益


        29年6月期 30年6月期  31年6月期
総売上高    1074万   2300万    2500万
営業利益    ―704万   100万     200万
純利益     ―177万   100万     200万

29年6月期は、国際特許出願にかかる費用、新商品開発費用等がかさみ、赤字決算となりましたが、新商品が浸透してきているので、引き続き販促をかけ売上増に努めます。



【その他】
事業を展開する過程では、様々な局面があります。上昇気流に乗っている時はいいのですが、下降気味の時は自分も下を向いてしまうのが人間です。私も人間ですから、下を向かないわけではありません。しかし、そういう時こそ勝負だと思っています。何か動くことで、今まで思いつかなかったことにぶつかる、思いもよらなかった人と出逢うことが、過去にたくさんありました。その度に、実に多くの方々からご支援をいただきました。一日でも早く事業を軌道に乗せ、ご支援くださった方々にご恩返しがしたいと強く思います。

個人的には、仕事が大好きです。粘り強く、最後まであきらめず取り組むことができると思います。ただし、「私がやらなくては」という想いが強すぎる場合があり、それでは企業は成長しないと、反省もしています。小さな企業ですから、これまでは自分たちでやらなければコスト的にも回らないというところもありましたが、もっともっと企業らしく、事業を展開できるよう努めて参ります。

最終的には、利潤を追求するだけでなく、何らかの形で社会に貢献できる企業に育てていきたいと思います。


起業資金

1,000万円

女性起業家

shionさん
性別 女性
住所 神奈川県
年齢 53歳
株式会社オフィス樹エージェンシー
役職 経営者
会社設立 2011年
従業員 5人未満
資本金 500万円未満
年間売上 1000万円以上
事業内容
翻訳業・音楽イベント企画・物販