地獄の毎日からの脱却

掲載日 2020年09月10日  飲食店 

起業したい内容

【起業内容】

数ある起業家の中から、ページを開いて頂きありがとうございます。

現在22歳の社会人です。

きっと、いまこのページを開いた貴方様は
タイトルに引き寄せられたのではないでしょうか。

私は新卒で憧れていたデザイナーとして通販会社に就職することが出来ました。ですが半年が経つ頃、突如不当解雇されました。

理由も分からず仕事を辞めさせられてから、何もする気にはなれずしかし働かなければ生きていけず、女性として消費される仕事をしてきました。
これが地獄なのかと絶望しました。

でもそんな毎日でも私の癒しは京都の二条にある小さなカフェです。
店主1人で切り盛りされており、お店は小さいながらも、お客様一人一人に対し愛情が感じられました。その店主が入れてくれるコーヒーの優しさに私は救われていました。

久しぶりに私自身に「私も誰かを癒せるカフェを開業したい!」と「これだ!」というものが見つかりました。心が疲れてる誰かの為、そしてこれから私が私を愛していく為に挑戦したいです。どうか手を貸して頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。

拙い文章最後までお付き合いありがとうございました。

お話を聞いて頂ける方がいらっしゃいましたらメールアドレスの添付をよろしくお願い致します。


予想収益


営業時間:11時〜18時 7時間営業
客数:隠れ家 2人掛けテーブル3つカウンター6席計12席
客層:10代〜40代後半
平均客単価:1000円〜1200円
回転:4〜5回転
1日平均売上:66,000円
営業日数:26日
売上:171万円
家賃:15万〜20万円
利益:30万円

よろしくお願い致します。


起業資金

300万円

女性起業家

渡邉千尋さん
性別 女性
住所 京都府
年齢 22歳
最終学歴 短期大学卒業
出身校 京都嵯峨美術大学
職業 エステティシャン