新規調剤/ドラッグストア開業

掲載日 2012年11月06日  その他 

起業したい内容

【起業内容】
東京新宿区での門前薬局の開業になります。
【立地】
 •西武新宿徒歩1分、1階開業(現在アスファルト舗装)
 •総合病院門前(外来350人/日程度)
 •2年後の医療モール化(24時間営業の医療モール)
 •近隣に間営業飲食店、ビジネスビル
 •薬剤師会が経営する門前薬局のみ
 →一般的な総合病院門前の場合、5店程の薬局が開業。
【開業スタイル】
 •モール化までは、仮設のリースにて調剤薬局開業
 •ビジネスユーザーを取り込むための、処方箋受付〜終了アプリ
  ケーションの提供(iphone〜スタート)
 •夜間飲食店向けの集客のために、営業活動及びOTC医薬品の販売
  を行い、モール化の際の誘致
【経費】
 •人件費等は込みにて、月500万程の利益が(50−100枚に
 て可能)
 •家賃
 →オーナー好意により保証金1000万
 →家賃は売り上げ及び粗利等の何%か交渉可能
【開業意義】
 •総合病院からの処方箋受託
 •ビジネス街からの処方箋受託
 •モール化での24時間体制での処方箋受託
 •OTC部門でのフルタイムでの収益確保
【開業するための問題点】
 •開業資金
 •土地の法廷闘争
  →出店場所はクリーンな場所で証明可能。
【将来性】
 •収益性では年5億円以上の利益獲得を行います。
 •ITを駆使し、下記のようなことを行い、ノウハウ化します。
 →処方箋在庫システムの利用者への見える化
 →調剤完了連絡(アプリケーション)の会員化
 →上記会員に対しての通販やお薬相談等の広告収入モデルの構築
 →ケンコーコム社等の法廷闘争の勝訴による医療通販
 →医薬品輸入代行業+薬剤師モデルの構築

利権等で参加が難しい立地ですが、オーナーの好意で好条件で使用可能です。調剤に関しては、全国どこでも収益率は同じですが、それを超えるほどの条件であると判断致しております。

予想収益


 •調剤薬局収益(利益率20%)
 →総合病院の場合、50−100枚受託にて月500万程の利益
 →150枚〜経営努力の収益が可能と考えます。
 •OTC収益(利益率30−70%)


起業資金

1,000万円

起業家

wada5985さん
性別 男性
住所 千葉県
年齢 28歳