iPhone修理事業所を全国の「未開拓地域」に展開!事業の差別化コンテンツ豊富!!

掲載日 2017年04月10日  IT・通信 

起業したい内容

【会社紹介】

 社名   株式会社iPhone Fix Center ※5/15にて社名を「株式会社DearAll」に刷新

 所在地 福岡県田川市

 創業年月日 2016年11月1日

 代表者氏名  是澤清正

 会社人員  岡部賢吾 松江駿太郎 宮城光 吉井大成 原直樹 松岡慎太郎

 会社HP  iPhone fix center tagawaで検索 その他HP制作

 事業内容 Appleデバイス修理/携帯端末買取販売/部品卸売/正規技術継承/SIM Free携帯端末利用契約/
  ソフトアフィリエイト/ウォーターサーバー契約/

 新規サービス 光Net通信契約/業務用電話回線の無料刷新/職業紹介/キャッシュバックサイト紹介代理
  金銀プラチナ・貴金属買取/風災保障アドバイザー/エナジーサプライ事業/パーソナルコーチング


------------------------------------------------------------------------------------
我々一同は投資家の方々と優良な相互関係を積極的に築いていきたいと強く感じております故
質問や意見、ご不明な点などが御座いましたら早急にお答えさせていただきます。
何卒宜しく御願い致します。

当記事内容の順序は以下のようになっています

【起業内容】
  ↓
【投資を希望する理由】
  ↓
iPhone修理事業における必要経費と予想収益】
  ↓
【他サービスにおける必要経費と予想収益】
  ↓
【市場データ】
------------------------------------------------------------------------------------

【起業内容】
初めましてiPhone Fix Centerの是澤清正と申します。
我々は国内の地方や小都市にiPhone修理店を内包した事業所を展開し、
国内に大きなフランチャイズの輪を構築することを一つの目標としています。
これから起こるであろう大企業の生産サービス一本化、個々の持続的成長発展のため
企業には素晴らしい人材を、個人には素晴らしいコンテンツを
を実現する事も目標としています。
当社は豊富なコンテンツを所有しており、
多くの提携先企業との連携により各部署の活発な経済活動を実現しています。
当事業は収益性の高いコンテンツの導入、普及に大きく力を入れており
起業間もない事業主の方々にとっても、活動・運営のより行い易い環境が形成できると考えております。
又、フランチャイザーが増加することで高い収益性を中長期的なスパンで維持することができると強く予想することができます。

【投資を希望する理由】
現在複数のスタッフと伴に会社を運営しています。
研修期間を終え、技術やサービスに対する知識が深く定着し、
収益が安定して生まれる状態となりました。
この結果をきっかけに当社提携先である新規事業所3店舗を福岡県内と佐賀県に設立することとなりました。
厳正にリサーチを行い、狙いを定めた市場に当社のスタッフが事業所を設立することで
更なる店舗拡大を実現することができると強く確信しています。

この度投資をして頂いた方には、
投資額に応じたWin-Winな配当を実行させていただきます。
純利益の3%~を基準に双方任意のベストな数字を算出させていただきます。
尚、これは新規出店した事業所に限ります。


多くの方々との出会いを大切にし、日々の日常を全力で過ごしていきますので
皆様のご拝読、ご返信、ご協力を心からお待ちしております。



【iPhone修理サービス 必要経費と予想収益】※1店舗辺りによる数字となっています
 

-パネル・バッテリー仕入れ-

*iPhone5シリーズ
パネル→3980円×15枚
バッテリー
→5:1123円×5
→5C:1134円×5
→5S:1220円×5
→SE:2138円×5
*iPhone6
パネル→4980円×15枚
バッテリー→1847円×10
*iPhone6p
パネル→7800円×10枚
バッテリー→1825円×10
*iPhone6S
パネル→9800円×15枚
バッテリー→2138円×10
*iPhone6Sp
パネル→17000円×10枚
バッテリー→2138円×10
*iPhone7
パネル→19800円×15枚
バッテリー→2462円×10
*iPhone7p
パネル→23800円×10枚
バッテリー→2580円×10

合計→1222375円・・・①

1ヶ月~4ヶ月までの利益と必要経費のシュミレーション

【1ヶ月目】
仕入れ→1222375円

*粗利益
※当店(iFC田川店)の価格に基づいて、各種10枚修理※画面割れの修理のみ
内5枚がガラス割れのみ(再生パネルとして次回安く仕入れる)

・5シリーズ→7800円×5枚+10800円×5枚
・6→9800円×5枚+13400円×5枚
・6p→13400円×5枚+17600円×5枚
・6S→17600円×5枚+21800円×5枚
・6Sp→19800円×5枚+24800円×5枚
・7→24800円×5枚+28600円×5枚
・7p→28600円×5枚+32800円×5枚

粗利益→1358800円・・・②

諸経費をxとする
純利益=粗利益-仕入額-諸
経費1358800円-1222375円-x
=136425円-x・・・A


【2ヶ月目】
仕入れ
・5シリーズ→3200円×5枚+3980円×5枚
・6→4200円×5枚+4980円×5枚
・6p→6000円×5枚+7800円×5枚
・6S→8400円×5枚+9800円×5枚
・6Sp→13000円×5枚+17000円×5枚
・7→14800円×5枚+19800円×5枚
・7p→16500円×5枚+23800円×5枚

合計→766300円(1ヶ月目との仕入れの差=456075円)・・・③

粗利益→1358800円・・・②

諸経費をxとする
純利益=粗利益-仕入額-諸経費
1358800円-456075円-x
=902725円-x・・・B

【3ヶ月目】
仕入れ→③

粗利益→②

諸経費をxとする
純利益=粗利益-仕入額-諸経費
1358800円-456075円-x
=902725円-x・・・C

【4ヶ月目】
仕入れ→③

粗利益→②

諸経費をxとする
純利益=粗利益-仕入額-諸経費
1358800円-456075円-x
=902725円-x・・・D


【3ヶ月の合計額】
→A+B+C+D
=2844600円-4x(バッテリーの修理は一切行わず)

初期必要経費
1ヶ月目の仕入:①+2ヶ月目の仕入:③+諸経費2ヶ月分:2x
=1988675円+2x

目標設立事業所数=20店舗


※以上iPhone修理サービスのみの予想費用と予想収益



【他サービスによる収益目安】

~業務世電話回線の無料刷新~

1件の成約につき35,000円の純利益(顧客契約料不要)※成約数100件以上より45,000円

初経費=通信機材/固定電話/PC/机椅子(助成金で補填)

月間目標契約件数60件(2,100,000円) = 3人×20件/月
   
固定費(60万円)=1件成約につきスタッフへ10,000円の手数料×3人×20件

事例1)提携先企業に於いて、1人につき平均20~30件の成約を達成
   

~光net通信契約~   
1件の成約につき30,000円の純利益
初経費=現在不要
月間目標契約件数15件(450,000円) = 3人×5件/月
固定費(15万円)=1件成約につきスタッフへ10,000円の手数料×3人×5件

その他コンテンツによる予想収益・予想費用はここでは割愛致します。


【市場テータ】
日本のiPhone普及率は世界で最も高く、国内のユーザー人口は年々上昇しています。
今では日本人の66%以上がアップル社が製造するデバイスを使用しているという統計が発表されており日本のスマートフォンの使用率(普及率)は54.0%で総人口にして7200万人なので3888万人もののユーザー数です。
とても大きな市場となっている上、修理や買取に関してはリピーターや複数所有が存在する為、対象となる端末数は更に大きくなります。

現段階でiPhone修理事業所は全国に約1600件程しかあらず2.5万人を1店舗が請け負おう状態です。
Iphone修理店の供給がまだまだ追いついておらず、日々需要が膨張しています。
さらには修理店の多くは都市部に密集しているので、人口が多い地方・地域であっても1店舗もないという状況が往々にしてあります
今回、新規事業所を設立場所の選定基準は現参入地域よりも人口が多く、同市内に店舗が無い状態の市場をターゲットとしています。

例1)佐賀県[唐津市 店舗数0 人口126,926人]
[小城市 店舗数0 人口 50,699人]
例2)福岡県[宗像市 店舗数0 人口 95,501人]
[朝倉市 店舗数0 人口 56,355人]
[八幡東 店舗数0 人口320,000人]
例3)長崎県[諫早市 店舗数0 人口140,752人]
[天草市 店舗数0 人口 91,420人]
九州地方のみならず、全国的にこの様な地域が多数存在しており、
市場としては非常に参入しやすい状態となっております。


[実例① iFC田川店]
~50,000人を1店舗で請負っている~

私達は一店舗目を福岡県の田舎町で開業しました。
山々に囲まれた町はとても小さく、高い建物もない人口5万人程の町です。
去年の11月末に開業してから現在までの2か月間余りで顧客の数が急増し、
今では月の純利益が100万円を越えるほどとなりました。
開業から現在まで広告宣伝は一切行っておらず、地方紙やその他の広告媒体を活用することなく集客や顧客創造、利益の獲得を容易に達成することができています。
近日中に地方紙という媒体を活用し広告宣伝を行う予定ですが、
顧客増加の予想がつかないため新規社員の研修を急ピッチに進めている状況です。

[実例② iPhone修理隣町店]
~120,000人を1店舗で請負っている~

総人口は12万人弱で都市部やそれら近郊の町に比べると非常に小さな町です。
彼は開業当初から現在までスタッフは雇用しておらず、一人で事業の運営を行っています。
店舗は古いビデオ屋さんの横に面しており、建物も非常に小さく、質素に見えます。
この店舗では地元のiPhoneユーザーをターゲットに1日に平均して10人前後のお客さんにサービスを提供している状況です。
片田舎の町にある小さなiPhone修理店ですが、
この事業所が生む純利益にして月に300~500万円を越える程となっています。

[実例③ iPhone修理松江店]
~200,000人を1店舗で請負っている~
島根県松江市の総人口は20万人を超えており、1店舗で市場を担っています。
比較的大きな地方都市であるため2~3店舗が参入することができるほどです。

これは「修理の為の事業所とiPhoneユーザー」つまり需要と供給のバランスが釣り合っていない地域が多く存在しており、私たちはこうした市場の状況、人口量や人口密度、出店状況や環境状況などをリサーチしたうえで、最適かつ急成長を予測することができる町をターゲットに事業展開を進めていきます。

国内の修理店の多くは正規店ではないものが多くあります。
又、技術が身についていない状態での修理行為も横行しています。
顧客は知識がないので言われるがままというケース
当社は契約を行った上での正規技術の継承、
品質管理の徹底を行い正当な価格でサービスの提提供と致します。


【最後に】

最後まで拝読していただき誠に有難う御座いました。

当社「iPhone Fix Center(※社名DearAllに)」が更なる力強い会社運営や社会的活動を行う上で、投資家の皆様のお力添えが大きく必要になると存じます。
又、当社に投資をしていただくことによって有機的な収益構造のスムーズな構築が行えると我々一同は心から確信しております。

各種資料や証明書などの提示を行います。
Skype/Line/mail/電話/直接面談などでの契約調整や意見交換も可能ですので
是非とも皆様方、お気軽にご連絡して頂ければと存じます。


iPhone Fix Center 是澤清正


起業資金

500万円

起業家

是澤清正さん
性別 男性
住所 福岡県
年齢 24歳
一般社団法人EssentialLifeLine
役職 経営者
会社設立 2019年
従業員 5人未満
資本金 500万円未満
年間売上 500万円未満
事業内容
全国の無農薬、無化学肥料、NONGMOの食物をpickup。顧客にお届け。 媒体はEC、店舗。


【iPhone修理】関連度の高い起業案件
【業界に革新を!】iPhone修理ビジネスの新ビジネスモデルを確立!1001 View( makmakさん)
iPhone修理とソフトバンク契約1217 View( hakuto1024さん)
iPhone修理事業に対する投資1049 View( tokyoさん)