目次

助成金で99%起業できるコツ

助成金は金融機関からの融資とは違い
返済不要なお金です。

助成金の内容に合った提案をする

助成金には、それぞれに支給する側の意図や目的があります。例えば働く女性を社会ぐるみで支援するための助成金や、日本の産業を海外に広く普及させるための補助金、などなど。申請する事業内容や会社の方針が目的に沿っていることが大前提となります。

申請書をわかりやすくする

助成機関の担当者は、特定の業界に精通しているわけではありませんので、専門用語や業界用語を把握しているわけではありません。わからない言葉があったら調べてくれ、というスタンスでは自分の首を絞めることになります。ですので、申請書内で自社の事業等について説明する場合には、誰にでも理解できるわかりやすい文章にしましょう

事業計画を具体的に書く

助成金は事業計画書が審査における判断基準の大部分を占めます。取引先の名前やサービス名称、時期や金額などがはっきりと明記されています。このように具体性と客観性を備えた計画であれば、助成する側も「このような根拠が示されているからお金を出した」と上長などに説明することができるようになります。

何度でも申請をする

これはあまり知られていないことですが、実は助成金の審査は公務員ではなく、「外部の有識者」の方が委託を受けて行っています
同じ事業計画を見てそのうちの一人が「これはいける!」と考える「有識者」にいずれ当たるまで何度でも申請することが重要です。

助成金の事業譲渡

助成金の事業を買取りすることで安く開業することが出来ます。
M&Aサイトを活用することで助成金を売却したい企業を効率よく探せます。

助成金の起業セミナー

助成金の起業セミナーで成功ノウハウを学ぶ。

助成金の開業資金の助成金

集め方内容
補助金/助成金
  • 創業助成事業
  • 小規模事業者持続化補助金

助成金の開業資金の融資

集め方内容
融資
融資以外
資金を借りることが出来ない場合
グッドエンジェルなら「エンジェル投資家」から投資を受けることが出来ます。